旧ロゴと新ロゴの比較

楽天株式会社は1日、Eコマースやトラベル、デジタルコンテンツ、通信などのインターネットサービスを展開する同社のサービスについて、グローバルにおけるブランド浸透を図るため、コーポレートロゴを刷新すると発表した。

 

これまで、楽天市場や楽天トラベル、楽天カードなどの中核となるサービスでは、「楽天」という漢字をメインにしたロゴだったが、今後は国内外で展開するグループサービスのロゴを「Rakuten」とローマ字表記したものに変更する。

楽天では、スペインの世界的サッカーチームFCバルセロナと4年総額約260億円ものスポンサー契約を結び、グローバル・パートナーシップを展開する。その中で、各サービスロゴの共通性を高め、一体的なブランド構築・強化を行っていくとしている。

 

新ロゴはこれまでにも使用されていた「Rakuten」のアルファベットロゴの文字間スペースを狭め、よりコンパクトで力強いデザインになっている。これには「新しいことに挑戦し続けイノベーションを起こしていく」という思いも込められているという。

 

また、FCバルセロナのユニフォームは、新ロゴベースの特別ロゴとなっており、「Rakuten」の下に入っている一本線は、漢字の「一」を表現し、「Rakuten」というロゴをより強調する役割を果たしている。

新ロゴを採用したFCバルセロナの新ユニフォーム

発表資料

URL:https://corp.rakuten.co.jp/news/press/2017/0701_01.html

2017/07/03