膣の善玉菌が性器ヘルペスも予防(depositphotos.com)

写真拡大

 あなた(女性)の陰部、もしくは、あなたのパートナーの陰部のニオイが、ヨーグルトに似ていたら、それは「膣」が健康な証拠。なぜなら膣は、乳酸菌で守られているからだ。

 膣は肛門に近いため、雑菌が侵入しやすいところ。さらに性行為のピストン運動によって膣内に小さな傷がついて炎症を起こすと、それが常在菌の中の悪玉菌の増殖につながる。ときには、性行為が感染症の原因になることもある。

 このように常に危険にさらされている膣を守っているのが、膣内の善玉菌である「乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)」だ。

 善玉と悪玉というと「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」、いわゆる「腸内フローラ」が話題だが、それが拮抗しているのは腸だけではない。実は膣内にも善玉と悪玉の細菌叢があり、腸と同じように善玉菌有意の状態を保つことが膣の健康につながるのだ。

 膣における代表的な善玉菌は、先に紹介した乳酸桿菌だ。膣内は酸性値を示すpH(ペーハー)バランスの値が、皮膚と同じ3.8〜4.5で酸性に保たれているのが健康な状態だ。

 乳酸桿菌はブドウ糖を発酵させて乳酸に変化させることで、膣内を弱酸性に保つ。この環境にあるからこそ、一般細菌の侵入や膣内の悪玉菌の繁殖を防ぐことができるのだ。

 一方、悪玉菌の代表的なものには「カンジダ菌」や「膣トリコモナス菌」などがある。膣内の悪玉菌は悪臭を放つものが多く、またかゆみや膣炎などのトラブルの原因にもなる。

乳酸桿菌が性器ヘルペスを予防

 2017年6月1〜5日に開催された「米国微生物学会」では、米テキサス大学医学部のグループによって膣に関する興味深い研究結果が発表された。

 「膣の乳酸桿菌が、ジカウイルスや単純ヘルペスウイルス2型の感染を防御する可能性が高い」というものだ。

 ジカウイルスは蚊を媒介して感染するが、性行為でも起こることがわかっている。また、主に性器や下肢にヘルペスの症状が出る単純ヘルペスウイルス2型も性行為による感染がほとんどだ。

 テキサス大のグループは、健康なドナーの膣から採取した「微生物叢」を用いて、「乳酸桿菌が多い叢」と、「乳酸桿菌が存在しない叢」を培養し、それぞれにジカウイルスと単純ヘルペス2型を感染させ、2日後に残存しているウイルス量を測定している。

 結果は、「乳酸桿菌が少ない叢」では、より多くの単純ヘルペスウイルス2型が複製されることがわかった。ジカウイルスについては結果が一貫していなかったものの、「乳酸桿菌の多い健康な膣の細菌叢が、性感染症の原因となるウイルスの感染を制限または予防する可能性がある」との見方を示している。

生活改善と乳酸配合ジェルで弱酸性を保つ

 乳酸桿菌などの善玉菌が減少する原因はさまざまだが、最も大きいのが免疫力の低下といわれている。免疫力は、病気のほかにも、ストレスや睡眠不足、疲労などでも低下するが、そのほとんどはすぐに改善できるものではない。

 最近では、膣に直接、乳酸を挿入するという方法もある。乳酸配合ジェル「インクリア」は膣に挿入することで、膣内を弱酸性に傾ける。

 悪玉菌を減らそうと、陰部を石けんでゴシゴシ洗うと、善玉菌まで減らす可能性もある。<健康な膣>のためには、生活習慣の改善を心がけるのがいちばんだ。そのうえで、乳酸配合ジェルを使ってみたらいかがだろう。

 ただし、膣のニオイがきつかったり、痛みやかゆみがひどいときには、婦人科を受診してもらいたい。
(文=編集部)