【大邱聯合ニュース】韓国の大邸慶北経済自由区域庁と新韓銀行は3日、大邱市内で在韓日系企業18社の関係者や外部専門家31人を招き、大邱や慶尚北道の投資環境に関するセミナーを開催した。
 大邸慶北経済自由区域は海外からの投資を誘致するため、外国企業に最適の経営環境を支援する経済特区。
 セミナーは大邱や慶尚北道への投資に関心を持ってもらい、それぞれが人的ネットワークを広げてもらう狙いで開かれた。
 同庁は経済自由区域の立地や投資環境を説明し、日系企業が同区域に投資する際に障壁となる問題について聴取した。
 大邸慶北経済自由区域の都建佑(ド・ゴンウ)庁長は「今後も定例行事にし、広報と投資企業の事後管理に全力を注ぐ」と話した。
yugiri@yna.co.kr