内田海智が今シーズンのシングルス初優勝 [USA F22フューチャーズ]

写真拡大

 ITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「IMPACT APPLICATIONS 1.5万ドル・フューチャーズ」(アメリカ・ペンシルベニア州ピッツバーグ/6月26日〜7月2日/賞金総額1.5万ドル/クレーコート)のシングルス決勝で、第4シードの内田海智(富士薬品)がネイサン・パシャ(アメリカ)を3-6 7-6(5) 6-4で破り、今シーズンのシングルス初優勝を飾った。試合時間は2時間32分。

 内田のフューチャーズ大会のシングルスのタイトル獲得は、昨年6月のローチェスター(ITF1万ドル/ハードコート)以来で、通算4勝目となる。

 今大会に日本勢で唯一出場した内田は、1回戦でワイルドカード(主催者推薦枠)のジョナサン・ホー(アメリカ)を6-2 4-6 6-3で、2回戦でスペシャル・イグザンプトのサミュエル・モネット(カナダ)を4-6 6-2 7-5で、準々決勝で予選勝者のヒューゴ・ディ フェオ(カナダ)を6-3 6-0で、準決勝では第1シードのMikael TORPEGAARD(デンマーク)を6-3 6-3で下して勝ち上がっていた。

※名前の左に付いている数字はドロー番号、[ ]数字はシード順位、WCはワイルドカード(主催者推薦枠)、Qは予選勝者、SEはスペシャル・イグザンプト

◇   ◇   ◇

日本人選手の結果

【シングルス決勝】

○9内田海智(富士薬品)[4] 3-6 7-6(5) 6-4 ●18ネイサン・パシャ(アメリカ)

------------

【シングルス準決勝】

○9内田海智(富士薬品)[4] 6-3 6-3 ●1Mikael TORPEGAARD(デンマーク)[1]

------------

【シングルス準々決勝】

○9内田海智(富士薬品)[4] 6-3 6-0 ●15ヒューゴ・ディ フェオ(カナダ)[Q]

------------

【シングルス2回戦】

○9内田海智(富士薬品)[4] 4-6 6-2 7-5 ●12サミュエル・モネット(カナダ)[SE]

------------

【シングルス1回戦】

○9内田海智(富士薬品)[4] 6-2 4-6 6-3 ●10ジョナサン・ホー(アメリカ)[WC]

テニスマガジン/Tennis Magazine

※写真はITF(国際テニス連盟)男子フューチャーズ大会の「IMPACT APPLICATIONS 1.5万ドル・フューチャーズ」(アメリカ・ピッツバーグ)で今シーズンのシングルス初優勝を飾った内田海智(中央右)

ITF(国際テニス連盟)大会ページ|公式