※三喜本惠美オフィシャルブログより

写真拡大

タレントの三喜本惠美(39)が自身のブログで、産後2週間弱の体重の変化を明かした。

三喜本は2000年、女性ファッション雑誌『ViVi』の専属モデルとしてデビュー。現在は美に関するカリスマとして、雑誌やテレビで活躍している。私生活では2013年に、弁護士事務所経営者と結婚。6月20日に、第一子を出産した。

出産直後100グラムしか減らなかったことを明かしていた三喜本。2日のブログでは、

「2週間が経ち、
体重を測定してみると!
なんと!
8kg痩せて元の体重に戻っていました
それはそれでビックリ!!!
私大丈夫?」
「足の浮腫みも生後2週間で
スッカリ良くなりました」

と、産後2週間で8キロ減り、妊娠前の体重に戻ったことを報告しつつも、

「まだ足の甲だけ痛風?みたいに
痛かったりしますが…

それにしても女性の身体って
どうなっているのでしょう…

何だか身体の変化が著しく
2週間で8堊蕕擦討靴泙Δ覆鵑
母ちゃん付いていけない…」

とも。初めての出産は大変なことも多かったようで、以前のブログでは、

「1万人に1人と言われています
「癒着胎盤」
そして「静脈が2本切れる」
ことによる大量出血で
産後の体調が優れず」
「私は死んでしまうのか?
まだ血はあるの?大丈夫なのか?」

と不安な日々もあったことも赤裸々に告白しつつ、現在は育児に奮闘している日々をつづっている。