プジョー、全国240台の限定モデル「PEUGEOT 208 First Selection」を発売!
プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社は、7月3日にエントリー価格の限定モデル「PEUGEOT 208 First Selection」を全国限定240台で発売すると発表した。

「PEUGEOT 208 First Selection」は、「初めての輸入車、初めてのプジョー車」をキーワードに、6速オートマチック・トランスミッションとアクティブシティブレーキを装備しながら、199万円(消費税、ペイントオプション代を含む)というリーズナブルな価格設定としたエントリーモデルである。

ベースモデルの「208 Style 6AT」との装備の違いは、バックソナー、レザーステアリング、スーパーティンテッドガラスのみで、エクステリアデザインをはじめプジョー独自のインテリアコンセプト「iCockpit」、新タッチスクリーンはそのままとなっている。またオートヘッドライト、レインセンサー、クルーズコントロールなども標準とし、エントリーグレードでありながら、ひとクラス上の快適性を提供する。ボディカラーには人気の高い3色の「リオハ・レッド」、「ダーク・ブルー」、「ビアンカ・ホワイト」を用意。

パワートレーンとなっているエンジンは、シュトゥットガルトで開催された第18回エンジン・オブ・ザ・イヤー・アワードにおいて、110psの性能を持つ1.2L 3気筒ターボ「PureTechガソリンエンジン」が、1〜1.4Lのカテゴリーにて3回連続となる栄冠に輝いている。

110psと130psのバリエーションを持つPSAグループの「1.2PureTech」は、今回の限定モデルである「プジョー208」を始め、70カ国以上の市場において90を超える車種に搭載されて活躍しており、低回転域から力強いトルクを発生する一方で、ガソリン・パティキュレート・フィルター(GPF)を装備し、粒子状物質の排出量を大幅に低減を実現している。

■プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社
http://www.peugeot.co.jp