女を野望に利用した悪左府

高島 私は2015年から『日本の古都〜その絶景に歴史あり』(BS‐TBS)という歴史探訪番組に出演させていただいているんですが、伊東さんにはゲストとしていつも色々と教えていただいています。作家の方は研究者の方に比べて想像力があふれ出すというのか、引き出しをたくさん持っていらっしゃるから毎回すごく面白いです。

伊東 京都、越後府中、川中島、小田原、駿府城など、いずれも有名な歴史上の事件の舞台となった場所にご一緒しましたね。そこで僕が話したことは、小説家の妄想や与太話ではなく、視聴者の皆様に今、伝えたいものばかりなんです。

高島 最初にお目にかかった時、今必要とされている物語を書くんだとおっしゃっていたのが印象的でした。

伊東 そんな偉そうなことを言っていましたか(笑)。


「登場人物の気持ちに寄り添って書くので、ワルを書いている時は、自分もワルになります(笑)。」(伊東)
「ここ十年ほど、実在の女性がクローズアップされる機会が増えているような気がします。」(高島)
©石川啓次/文藝春秋
ヘアーメイク:堀ちほ(マービィ) スタイリスト:今村文子/ジュエリー協力:フォーエバーマーク

高島 作家の方は自分が書きたいものを題材にされているイメージがあって、読者の方の目線を意識されているというのが新鮮な驚きだったんです。今度出された『悪左府(あくさふ)の女(おんな)』という作品も、女性なくして成り立たないという今の社会を意識されたんですか?

伊東 仰せの通りですね。戦国物が多かったということもあり、自作では、これまで女性はあまり登場してこなかったのですが、女性を描きたいという思いもあり、平安時代を舞台にした本作で、それを存分にやろうと思いました(笑)。

高島 沢山の作品を書かれていますけれど、この時代をお書きになるのは初めてだと聞きました。

伊東 そうなんです。この作品は、タイトルがまず頭に浮かびました。「悪左府」って響きが恰好いいでしょう。悪左府と呼ばれていたのは、保元の乱で敗死した藤原頼長という公卿なんですが、左府は左大臣のことで、悪は現代とは少し意味が違って、むしろ強さを表わしています。それに「女」を加えたのは、実は皮肉なんです。頼長は実は男色家として有名で、女性を子孫を残す道具としか見ていなかった節があります。そこで頼長は自らの地位を盤石なものにすべく、ある女性を利用するというアイデアが浮かんだんです。

高島 その頃の女性の顔や存在がいまいちはっきりしないというか、難しい時代のような気がします。

伊東 当時、醜女(しこめ)とされていたのは、背が高くすらりとしていて、手足の長い女性でした。女優さんだと杏さんや波瑠さんのようなイメージですね。ところが平安時代は、小柄で目が細く下膨れの女性が美人とされていました。そこで醜女を主人公にし、琵琶の達人という設定にしました。実は、その条件は頼長の望むものと合致していました。それにより頼長は、彼女を女房、つまり女官として、皇后のいる里内裏に送り込むのです。

高島 なんだか視点が『家政婦は見た!』みたいですね。

伊東 そうなんですよ。まあ何かを見てしまうというより、頼長に命じられて、あることをしなければならない立場なのですが。そうした背景があるので、当時の風習とか生活とか、朝廷の行事を綿密に描きました。読んでいるうちに、読者が平安時代にタイムスリップした気になってくれれば、うれしいですね。

高島 作家の方はひとりで何人ものキャラクターに命を吹き込まれるわけで、それは大変なことですよね。

伊東 登場人物の気持ちに寄り添って書くので、ワルを書いている時は、自分もワルになります(笑)。

北条政子は天下の悪女か

高島 平安時代の後宮は『日本の古都』でも取り上げましたけれど、やはり清少納言と紫式部が、必ずといっていいほど比較されますよね。

伊東 清少納言は、頭は切れるけれど意地悪で、紫式部は、思いやりのあるいい人というイメージがありますよね。

高島 伊東さんはどっち派ですか?

伊東 どちらとも言い難いですが、清少納言の感受性の豊かさには感心させられます。自然風景を豊かに織り込んだ『枕草子』が、あの時代の女性によって書かれたことは日本の誇りですよ。


たかしまれいこ 1964年神奈川県生まれ。女優として『極道の妻たち』シリーズほか数多くの映画・ドラマに出演。『御宿かわせみ』ではるい役を好演。©石川啓次/文藝春秋

高島 意地悪なところもあったかもしれないけれど、一本筋をきちんと通している。平安時代の「いい女」だったような気がします。どちらかというと男っぽくて、それに比べると紫式部は男性の庇護があってこその活躍というか――それはそれで興味深いですけど(笑)。

伊東 高島さんは、歴史上の人物を演じる機会も多いと思います。大河ドラマ『天地人』(2009年)での仙桃院(せんとういん)とか、その前にもNHKの『大化改新』(2005年)で皇極(こうぎょく)天皇を演じられていましたね。

高島 ここ10年ほど、テレビドラマでも実在の女性がクローズアップされる機会が、どんどん増えているような気がします。皇極天皇は大化の改新によって弟(孝徳天皇)に譲位したんですが、その後、再び斉明天皇として重祚(ちょうそ)されたんですよ。歴史を動かした女性たちの中でもとりわけ劇的な人生を辿られていて、印象深い役でした。伊東さんも小説を書かれていて、登場人物の多くは男性だと伺いましたが、思い入れのある女性もやはりいらっしゃるでしょう。

伊東 何といっても北条政子です。ちょうど、新聞連載『修羅の都』(文藝春秋より来冬刊行予定)を書き終えたばかりで。

高島 私は横浜出身なので鎌倉には非常に親近感がありますし、女性としても北条政子には惹かれます。ただ、ずっと不思議だったのは、政子は「日本三大悪女」の一人だって言われていて、何か理由があるんでしょうか。

伊東 悪女というより強い女だと思います。悪女のイメージが植え付けられたのは、承久の乱(1221年)のためです。政子の号令ひとつで御家人たちが京都に攻め上り、朝廷を制圧してしまったんです。この事件で鎌倉幕府の基礎が固まるんですが、朝廷側からすれば、政子と鎌倉幕府は憎んでも余りある朝敵です。

高島 でも、実際に夫の源頼朝は三方を山に囲まれた鎌倉に幕府を置き、優れた政治家だったし、政子の強さと賢さがそれを支えたんでしょう。


いとうじゅん 1960年神奈川県生まれ。『国を蹴った男』で吉川英治文学新人賞。『巨鯨の海』で山田風太郎賞。『峠越え』で中山義秀文学賞ほか。著書多数。©石川啓次/文藝春秋

伊東 当時は朝廷の権力が強大で、それを打破して武士のための世を作るというのは、並大抵のことではなかったんです。出会った当初、政子は頼朝と情熱的な恋に落ちるんですけど、燃え上がったものは冷めるのも早い。そこでふたりの恋愛感情は、武士の世を作り上げていくという大仕事のための同志愛のような形に変質していきます。自然に役割分担ができ上がり、二人三脚で物事に当たり、頼朝亡き後も、政子は頼朝と共に作った鎌倉幕府を守るために孤軍奮闘していきます。

高島 実のお子さんもどんどん死んでしまったんですよね。

伊東 自分より先に嫡男の頼家、次男の実朝が殺されてしまい、頼りにすべき男子がいなくなります。すでに女子2人も病死していたので、政子は家族を失います。それでも頼朝の作った武士の府を守るために、弟の北条義時とその息子の泰時を支えていく。この作品では、政子を主人公に夫婦の絆、親子の絆、兄弟の絆など、様々な絆を描こうとしました。実は、『極道の妻たち』に出演されていた高島さんの姿が、執筆中に度々浮かんできたんですよ。というのも、『地獄の道づれ』(2001年)では、組長の夫が陰謀で服役している最中、高島さんの演じる姉御は組を守るために自ら組長の代理になるじゃないですか。それが政子の姿に重なってしまい、高島さんのイメージで、北条政子を書きました。

高島 それは光栄です(笑)。

伊東 この時代を舞台にした大河ドラマには『草燃える』(1979年)がありましたが、そろそろ鎌倉幕府が再び大河に取り上げられても、いい時期ではないかと思います。その時、僕の原作で高島さんに政子を演じていただけたら、最高に嬉しいんですけど(笑)。

浅井三姉妹の運命の皮肉

高島 女性が最近強くなってきたと言われますが、政子をみていると女性は昔から強かったということがよく分かりますよね。戦国時代も武将の誰かが時代の主役だと思われがちですが、たとえば、茶々、初、江(ごう)の三姉妹に私は注目しているんです。長女の茶々は秀吉の側室となって、淀殿として政治にも介入していったのに対して、三女の江は縁の下の力持ち的存在で、最終的には徳川幕府の二代目の将軍秀忠に嫁ぐ。同じ姉妹でも人生は対照的です。

伊東 3人の父親の浅井長政は織田信長によって滅ぼされ、母のお市の方は柴田勝家のところに再嫁したものの豊臣秀吉によって滅ぼされてしまう。淀殿はいわば親の仇の側室となり、大坂の陣で最期を遂げました。その逆に江や初は幸せな人生を送り、江はその血脈を、徳川家や諸大名家、天皇家の中に残していきます。まさに真田兄弟のような対照的な生き方です。

高島 これはあくまで私の想像なんですけど、実は淀殿は秀吉に惚れていたんじゃないかと思うんです。息子の秀頼の父親は別人物だという話もあるから難しいんですけれど、天性の人たらしで天下人まで上り詰めた人間として、秀吉はものすごく魅力的だったはず。親の仇なんだけど、ついこの男と一緒にいたいと思わせるようなところが秀吉には備わっていたんじゃないでしょうか。

伊東 男性作家が描く淀殿は、好きでもない男のものになる悲劇のヒロインという感じですが、確かに秀吉のような天下人になると、容姿を度外視したすごい魅力があったかもしれません。

高島 秀吉のことを真実愛していたとすれば、それはそれでドラマでしょう。一方のお江は淀殿に比べると、あまりにも恵まれすぎているような気がします。最初の夫(佐治一成)と離縁させられ、2番目の夫(豊臣秀勝)は病死してしまいますが、最後は秀忠のもとに嫁いで、息子の家光は3代将軍に、娘の和子は天皇家に嫁いで天皇の生母となりました。お江の周りには桐の御紋、葵の御紋、菊の御紋が常にあったという、女性としての大成功に見えますが、幸せだったかはまた別の話かとも思うんです。

伊東 男も女も何が幸せか分からないですよね。三姉妹の父の浅井長政にしても、信長の家臣として生き残るよりも、朝倉家との同盟を守り、信義に厚い武将として死んだのは本望だったかもしれません。しかも江によって徳川家などに、血筋を残すことができました。自らの運を娘たちに託したとも言えますよね。

高島 自分は戦に敗れて自害したにもかかわらず、奥さんと子供たちのことを逃がしたわけですからね。妻子もろともという武将も多い中で、長政の果断がその後の歴史を変えたとも言えます。その後、この悲劇の三姉妹が、日本の歴史のメインストリームに全て関わっているのは、本当に信じられないくらい。

伊東 次女の初は豊臣・徳川両家の融和に努め、結局、それは成りませんでした。しかし、あまり目立たなくとも、彼女は彼女で、動乱の時代を全力で駆け抜けた気がします。

高島 戦に明け暮れた戦国武将たちだって、女から生まれていますから(笑)。

伊東 やっぱり裏では、女性が歴史を動かしていたんですよ。

夫に先立たれた妻の気力

高島 その意味でも、もう一人、この時代の女性で気になるのは、北政所と呼ばれたおね様です。秀吉の正室として長年連れ添ったおね様は、その間、非常に多くの戦国武将たちと関わってきたとされていますね。

伊東 実に面白い存在ですね。従来は淀殿への嫉妬から、加藤清正や福島正則らに対し、家康に味方するよう告げたと言われてきましたが、最新の研究では、北政所が家康に味方した形跡はないとされています。

高島 政権が徳川家に移ってからも、彼女は大事にされていたし、信長、秀吉、家康と3人の天下人から信頼された、唯一無二の女性だったんじゃないかと思うんです。その人間性が興味深いし、やはりそれだけの女性に惚れられた太閤殿の魅力というのも、改めて浮き上がってくるような気がします。

伊東 秀吉とおねは、まさに二人三脚で豊臣政権を作り上げたといってもいいでしょうね。その点、頼朝と政子に近いものを感じます。ただ秀吉とおねには、底抜けの明るさがありますよね。それが、今でも2人が愛されている理由なんでしょうね。それにしても高島さんは秀吉に惚れていますね(笑)。

高島 北政所は淀殿と違って、本当の意味で縁の下から豊臣家を支えようとしていた。残念ながら子供に恵まれなかったということも、その理由だと思います。私自身も子供がいないので、それはそれで理想の女性の在り方なんです。要するに彼女の育てた武将たちが、その後、一流の大名へと成長していった。私もこれから出来ることは何だろうと考えた時、おね様の生き方にヒントがあるかもしれないと考えているんです。

伊東 つまり育成ですね。そういう気持ちがある方によって、日本の伝統や文化は引き継がれていくのでしょうね。

高島 やはり年齢を重ねると、日本の歴史や文化にどんどん興味を持つようにもなってくるんですが、来年が明治維新150年ということで、色々な新説が出てきていると聞きました。

伊東 21世紀に入ってから新説が続出しています。その中には歴史を書き換えるぐらいのものもあります。小説家はそうしたものを踏まえて、新たな物語を紡いでいかなければなりません。

高島 明治維新の頃にも、歴史の鍵を握った女性が何人かいると思うのですが、私が関心があるのは、篤姫(あつひめ)と和宮(かずのみや)の存在ですね。

伊東 江戸城の無血開城の主役は勝海舟とされていますが、その舞台裏で活躍したのは間違いなく2人です。薩摩から13代将軍・家定に嫁いできた篤姫と、皇室から14代将軍・家茂に嫁いできた和宮の二人がいてこそ、あそこまで事がうまく運んだと思います。

高島 フジテレビの『大奥』(2003年)では、菅野美穂さん演じる篤姫と安達祐実さん演じる和宮のバトルが話題になりましたけど、実際に篤姫と和宮は家柄的にもなかなか交わらなかったはずです。その2人の女性が260年間続いた徳川幕府のシンボルであった、江戸城の歴史を閉じたというのは非常にドラマチックで、そこに感動しました。究極の選択の時には、やはり女性の判断力にはすごいものがあります。

伊東 その通りですね。

高島 やはり男性には武士道というのか、「自分の命を懸けて」というのがあるじゃないですか。

伊東 結果、あっさり死んでしまうことも多々ありました。

高島 でも女性は生きてこそ、とそこで生きる。そこが男女の大きな違いでしょうね。北条政子を筆頭に、今回、名前の挙がった女性の多くが、生きてこそ歴史を動かすことができたというか、夫に先立たれてからの気力が本当にすごいと思います。

伊東 これまでの歴史では、あまり取り上げられなかった女性が、実は歴史上の重要な鍵を握っていたとされるようになったのは、ここ10年ほどのことです。名を残した男性の陰にも必ず女性の力があります。こうした女性の発見は今後も続くでしょう。高島さん、これからも日本の素晴らしい女性をどんどん演じてください。わたしも、どんどん書いていきます。

(「オール讀物」編集部)