(写真=Girl's DayヘリInstagram)

写真拡大

韓国の女性の間で、日本のアニメキャラを模した髪型が流行している。

これまでも韓国では、「イガリメイク」や「キラキラメイク」など日本風のメイクが輸入されており、日本的な感性のことを「ニッポン・フィール」と名付けているほど人気はあった。

その中で、いま特に勢いに乗っているのが“アニメキャラ風ヘアスタイル”なのだという。

誰がきっかけをつくったのか

もっとも流行しているのは「姫カット」だ。

韓国でも日本語読みのまま「ヒメカット」と呼ばれているこのヘアスタイルは、横側の髪を顎のあたりまで短く切り、後ろの髪は長く残したものを指す。

韓国メディアはこの髪型について「最新流行ヘア“姫カット”」(『中央日報』)、「女優キム・ジュリが最近流行している“姫カット”にイメージチェンジ」(『韓国経済TV』)などと報じており、「姫カット」の人気ぶりをうかがわせる。

流行のきっかけをつくったのはガールズグループだった。女性アイドルたちが相次いで「姫カット」にスタイルチェンジしたのである。

例えばGirl’s Dayのヘリは今年3月、次の写真のように「姫カット」に挑戦している。

彼女が自身のInstagramに「姫カット」にイメージチェンジした自撮り写真を掲載すると、ファンたちは「“姫カット”超かわいい」「アニメのヒロインみたいだ」などと絶賛していた。

ほかにもApinkのユン・ボミやf(x)のソルリ、元Wonder Girlsのユビンなど、「姫カット」にした女性アイドルは多かった。

こうした流れがあり、現在、韓国の女性の間でこのヘアスタイルが流行しているというわけだ。

あのアニメキャラのヘアカラーも

“ニッポン・フィール”の髪型は、「姫カット」だけではない。

韓国の女性の間では、「ことりベージュ」も流行しているのだ。

これは、アニメ「ラブライブ!」に登場する「南ことり」というキャラクターの髪色を指した言葉で、韓国では「“ことりベージュ”に染めることが瞬く間にトレンドになっていっている」(『DailyGrid』)。

こちらもきっかけをつくったのはガールズグループで、少女時代のテヨンやRed Velvedのイェリなどが先駆けとなった。

日本のアニメ文化が浸透する韓国

ではなぜ、韓国で日本のアニメキャラなのか。

そもそも韓国には、1998年に日本の大衆文化が開放されて以来、「日韓交流コスプレイベント」が開かれるなど日本のアニメ文化を楽しむ素地はあった。

さらに最近はアイドルや芸能人がコスプレ姿を自身のSNSで披露することもあり、サブカルチャーはますます広く浸透している。

こうした流れがあったからこそ、韓国の女性アイドルたちは「姫カット」や「ことりベージュ」に好感を持ったのだろうし、イメージチェンジにも挑戦できたのだろう。

いずれにせよ、日本のアニメキャラのヘアスタイルが流行していることは、韓国人が日本をより身近に感じる契機になるかもしれない。

今後はどんな“ニッポン・フィール”が関心を集めるのか注目だ。

(文=S-KOREA編集部)

(参考記事:こんなにセクシーな“オタク”いる!? チェ・ヘヨンの衝撃コスプレ写真