“格差”列車の一等車の乗客に Photo by Barry King/Getty Images

写真拡大

 ポン・ジュノ監督の映画「スノーピアサー」(2013)を米ケーブル局TNTがテレビドラマ化するパイロット版に、ジェニファー・コネリーが出演することが決定した。

 クリス・エバンス、ティルダ・スウィントン、ソン・ガンホ、ジェイミー・ベルが出演した映画「スノーピアサー」は、氷河期に突入した近未来の地球を舞台に、階級別に車両を分けられた列車で暮らす生存者たちが、格差に不満を抱え、やがて列車内で反乱を起こすというSFスリラー。

 米Deadlineによれば、ドラマのパイロット版では、コネリーはファーストクラスの乗客で列車内のアナウンスを担当するメラニー役を演じ、ラッパーで俳優のデイビード・ディグスが囚人のレイトン役を演じる。監督は、マーベル映画「ドクター・ストレンジ」のスコット・デリクソン。テレビシリーズ「ターミネーター:サラ・コナー クロニクルズ」のジョシュ・フリードマンが脚本、ショーランナーを務める。