柴崎岳がアンブロとアドバイザリー契約を締結

写真拡大

▽デサントは3日、テネリフェでプレーした元日本代表Mf柴崎岳と『アンブロ』ブランドにてアドバイザリー契約を締結することを発表した。

▽アンブロは、柴崎にフットウェアやトレーニングウェアなどのサプライするとともに、選手と一緒になって商品開発をすることで、より一層のパフォーマンス向上のサポートをするとのこと。柴崎は、「アクセレイター プロ」を着用する。

▽柴崎は今回の契約について、「『アンブロ』ブランドのフットウエア、トレーニングウエアを着用できることを嬉しく思っています。商品力の高いブランドからのサポートを受けて、今後も質の高いプレーをできるよう、成長していきたいと思っています」とコメントしている。

▽鹿島アントラーズから2017年1月にテネリフェへ完全移籍した柴崎は、移籍当初こそ適応障害などに悩まされ試合に出場することができなかったが、回復後は主力としてプレー。スペイン2部で13試合に出場し1ゴールを記録。リーガエスパニョーラのプレーオフにも出場すると4試合で1ゴール1アシストを記録したが、チームはあと一歩のところで敗れていた。