Image: © 2017 Robert Xiao. All Rights Reserved. via Robert Xiao/YouTube


スマホの小さな画面を夢中で操作するなんて、スマートじゃないと思いませんか?

過去にも人の腕をインターフェースにしたり、魔法の腕輪のようなスマートウォッチの開発をしていたことでお馴染みのFuture Interfaces Groupが、最高にクールでスマートなアプリを開発してくれました! Desktopographyと名付けられたそれは、なんとスマホのようなアプリケーションを机や壁に映しだすというんです。


Video: Robert Xiao/YouTube
Desktopographyのデモ動画


Desktopographyのプロトタイプは、頭上にカスタムカメラ付きのプロジェクターをとりつけることで壁や机にアプリを表示すると、開発者の大学院生Robert Xiaoさんは説明しました。表示したバーチャルスマホは、指先ひとつで開閉、サイズ変更、回転までできます。また表示している間に障害物が入ってきたら、自動でそれを避けるなんて離れ業も見せてくれました。映画『マイノリティ・リポート』のトム・クルーズごっこが、15年の時を経て実現しそうですね!


Now Playing at Imgur's Movie Lounge - Minority Report
Image: ImgursMovieLounge/Imgur
トムクルーズ主演の映画『マイノリティ・リポート』


Desktopographyのすごいところは、映す場所がスクリーンに限られないということです。平面であればどこでだってあなたのインターフェイスになります。将来的に平坦でないところでも使えるようにしていくんだとか。「全く最近の若者はそんなこともできんのか! お前なんてワシのバーチャルスマホにしてやる!」 そんなパワハラが流行るかもしれませんね。もうマイノリティ・リポート通り越して『アイアンマン』のロバート・ダウニー・Jrごっこまで実現しちゃいそうです。

ただ今回の発表で最もすごいのは、このバーチャルスマホを投影する頭上のプロジェクターなんです。


Desktopography
Robert Xiao via Gizmodo US


このアンティークなプロジェクターは電球のソケットに接続できるようになっています。あなたが一切電球のない真っ暗闇のオフィスでないと仕事に集中できないタイプでなければ、このプロジェクターは簡単に取り付けられるのです! そしてWi-Fiと接続することで、どこに行ってもこのアプリを使うことができます。Desktopographyは電球から電気を供給しているので、充電切れの心配もありません。

今回も実用レベルのハードウェアと、ハイレベルなソフトウェアデモで、先進的なアイデアを発表してくれたFuture Interfaces Group。研究レベルから製品に至るまでは時間もコストもかかるものですが、ぜひ今回の研究を活用したプロダクトを見たいものです。

・スマートウォッチに革命を起こすか? 自分の腕をインターフェースにして操作できるトラッキング技術
・DIYガジェットの夢広がる。何でもタッチパネルにできるスプレーペンキが登場
・スマートウォッチの加速度計で、いろんなジェスチャーを読み取れる未来

Image: © 2017 Robert Xiao. All Rights Reserved. via YouTube, Imgur, Robert Xiao via Gizmodo US
Source: Robert Xiao, YouTube

Andrew Liszewski - Gizmodo US [原文]
(瀧川丈太朗)