元同僚が先月急逝のティオテにTシャツでメッセージ「永遠に僕の心の中に」

写真拡大

 過去にアンデルレヒトやスウォンジーでプレーした現FCダラス所属のベルギー人FWローランド・ラマーが先月急逝したコートジボワール代表MFシェイク・ティオテに哀悼のメッセージを送った。ウェールズ紙『WalesOnline』が報じた。

 ラマーとティオテは2005〜2008年まで共にアンデルレヒトでプレー。その頃親交を深めたようで、親友同士の間柄だったという。その後もプレミアリーグで2013〜2014年にラマーがスウォンジーにレンタル加入した際、当時ニューカッスルに所属していたティオテとライバルとして再会した。

 1日にメジャーリーグサッカー(MLS)第18節でラマーが所属するFCダラスはトロントFCと対戦。3−1と勝利を収めた試合で2得点を挙げる活躍を見せたラマーは、1得点目を記録した際のゴールパフォーマンスでティオテへのメッセージを記載したアンダーウェアを披露。

 そこには、「永遠に僕の心の中に。僕の兄弟、ティオテ」と書かれており、親友への哀悼の意を込めたメッセージが綴られていた。

 試合後にクラブ公式サイトに掲載されたインタビューでは、「僕は彼のためにプレーしたい。彼と僕は親友だった。僕はこれからのゴール、すべてのプレーを彼に捧げるよ」と述べた。

 その後、自身のインスタグラムのアカウントを更新したラマーは「永遠に僕の心の友。まだ信じられないよ」と涙顔の絵文字をつけ投稿した。

Forever in my heart bro , still can't believe 😭🙏🏾 Rolandlamahさん(@lamahofficial)がシェアした投稿 - 2017 7月 2 9:47午前 PDT