会津鉄道会津線・芦ノ牧温泉駅の二代目ねこ名誉駅長・らぶ氏の弟で、同駅に勤務するぴーち施設長の「安全ヘルメット」が『施設長ヘルメット』(3500円税込)として登場しています。

このヘルメットは会津鉄道で実際に使用されているヘルメットを可能な限り再現したもので、愛猫家のみならず鉄道ファンからも注目される一品。発売の時にも注目されていましたが、ここ最近あらためて愛猫家を中心に「かわいい」と話題になっていました。ちなみに素材はアクリル製で直径約9.3cm。サイドには「会津鉄道」のロゴ、リア部分にはネームプレートもつき、落ちないようゴム紐もついています。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

らぶ名誉駅長は初代・ばす氏から2015年12月に二代目を引き継ぎ、この4月からは水・木を除く週5日出勤で、日々9時から16時の間勤務しています。そして駅長が休みの水・木にはぴーち施設長が出勤し、多忙な駅長をサポートするというシフト体制!

そんなねこ職員のグッズはこれまで数々発売されており、『施設長ヘルメット』の他にも、ねこ駅長の『駅長帽子』(3500円税込)、オールハンドメイドの『駅長制服』(6000円税込)、カレンダーやDVDなども人気です。取り扱いは芦ノ牧温泉駅売店および公式ネットショッピングで行われているので、気になる方はぜひチェックを。


ちなみに、ねこ駅長と施設長に会おうと現地を訪れる人が後をたちませんが、彼らの一般客の撮影は原則禁止となっています。先代ばす駅長がフラッシュの影響から目を悪くしてしまったための措置。もし行くことがあれば、駅長と施設長との交流はルールの範囲内にとどめ、決して無理をしないよう心がけてくださいね。

(宮崎美和子 / 画像提供・ねこが働く駅 会津鉄道 芦ノ牧温泉駅)