藤井フミヤ&藤井尚之の「ゆずの評価」に驚く2人

写真拡大

デビュー20周年記念のベストアルバム『YUZU 20th Anniversary ALL TIME BEST ALBUM ゆずイロハ1997-2017』(4月26日発売)に続き、6月21日にEP『謳おう』、28日にはEP『4LOVE』をリリースしたゆず。7月3日放送のラジオ番組『坂本美雨のディアフレンズ』(TOKYO FM)にそんなゆずが初出演、北川悠仁と岩沢厚治がパーソナリティの坂本美雨とトークを楽しんだ。

【この記事の動画を見る】

坂本が先日出演した藤井フミヤと藤井尚之による兄弟ユニット・F-BLOODが「ゆずのハモリがなかなか出せない」と話したことを振り返った。それを知って北川悠仁が「F-BLOODさんがゆずの話をしたんですか! 同録ください!!」と興奮すれば岩沢厚治も「すごい〜」と感じ入る。『夏色』から『栄光の架橋』そして新曲『カナリア』とこれまで発表した作品の多くがそうであるように、藤井兄弟さえ羨む2人のハーモニーこそゆずの大きな魅力だろう。

路上で歌い始めた頃は「女子中学生」のファンが多かったという北川。いつからか「3世代アーティストになりたい」と目標を持つようになった。「おじいちゃん、おばあちゃんにその孫」までが楽しんで欲しいと願うもので、ゆずのコンサートには「親子席」がある。最近ではステージから観客席を見て「目標に少し近づけたかな」と実感しているそうだ。

この日は1曲目にEP『謳おう』の収録曲で、報道番組『NEWS ZERO』のテーマソングにも使われている『カナリア』を流した。坂本美雨が紹介する際に「イントロのギターの音色がキレイでびっくりしました」と述べたところ岩沢が「MOROHAさんがやってくれました」と明かすように、ラップグループ・MOROHAのギター担当・UKによる演奏が2人のハーモニーを引き立てている。

画像2枚目は『坂本美雨のディア・フレンズ 2017年7月2日付Instagram』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)