自由韓国党の新代表に洪準杓氏(右)が選出された=(聯合ニュースTV)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】韓国の保守系最大野党「自由韓国党」は3日、党大会を開き、前慶尚南道知事で同党から先の大統領選に出馬した洪準杓(ホン・ジュンピョ)氏(62)を新代表に選出した。

 洪氏は元裕哲(ウォン・ユチョル)国会議員ら他候補を圧倒的な票差で退けた。
 朴槿恵(パク・クネ)前政権の与党だった同党は昨年12月、朴氏の大統領弾劾訴追案の可決を受け当時の李貞鉉(イ・ジョンヒョン)代表ら執行部が退陣しており、約半年ぶりに執行部がそろった形だ。
 洪氏は朴氏の大統領罷免を受けて今年5月に実施された大統領選で文在寅(ムン・ジェイン)氏に敗れて以来、2カ月ぶりに政界への全面復帰を果たした。
 同党は同じく保守系の野党「正しい政党」と保守本流の座を争っている。洪氏は過去最低に落ち込んだ党の支持率を引き上げ、活路を見いだす責任を担うことになる。
ikasumi@yna.co.kr