アマチュア時代からライブで演奏していた最高の楽曲。俺たちは自信満々で、これは絶対売れると思ってた」

 ダイアモンド ユカイがボーカルを務める「レッド・ウォーリアーズ」のシングル。「誰でも一夜だけヒーローになれるというクリスマスソング」は、ゴージャスなロックンロールナンバーだ。

「当時の日本の音楽はポップな歌謡路線が主流で、俺たちみたいなブルージーで本格的なロックをやるバンドは、まわりにいなかったな。『バラとワイン』は、デビュー前からライブで盛り上がっていた。ポップだし、いい曲だなって肌で感じていた。

 アルバム『CASINO DRIVE』には、別テイクのジャズアレンジを加えた『WINE &ROSES #2(Club Version)』が入っている。このテイクの歌入れでは、雰囲気を出すためにドイツ人のエンジニアも含めてみんなにワインを飲ませてレコーディングをした。歌を聴けばわかるよ。あきらかに酔っ払ってる(笑)。

 満を持して発売したけど、大ヒットには至らなかった。 55歳になって振り返ってみても、なんでこの曲が売れなかったんだろうって思う。

 でも、レッド・ウォーリアーズのファンにとっては、巨人の長嶋茂雄のように、記録より記憶に残る名曲だよ。『バラとワイン』=ダイアモンド ユカイ。俺が存在する限り歌い続ける。そして、俺が死んだらこの曲が流れるだろう」

<RED WARRIORS『バラとワイン』>
1987年4月21日発売
作詞:木暮武彦 作曲:木暮武彦
●ザ・ベストテン初登場:1989年7月13日
『Sunday Sunshine』でスポットライト出演

<カラオケ・ワンポイント・アドバイス!>
 俺しか歌えないんだよ。どんなに歌がうまい人が歌っても、俺のようには歌えないだろう(笑)。音程を合わせようとすればするほどしっくりこなくなる。歌に感動するのが重要。ワインを飲みながら自由に歌えばいいと思うよ。

<ダイアモンド ユカイ>
 1962年埼玉県生まれ。55歳。1986年、アルバム『LESSON 1』でデビュー。1988年、日本武道館、西武球場でコンサートを開催。1989年、解散。
7月15日、RED WARRIORS 30th Anniversary「King’s Rock’n Roll」大宮ソニックシティ。7月12日、ベストアルバム『RED WARRIORS BEST 1999-2003』を発売。織田哲郎とのロックバンド「ROLL‐B DINOSAUR」のボーカルとしても活動中。
公式ブログ https://ameblo.jp/diamondyukai/
(週刊FLASH 2017年6月27日号)