インテルのイバン・ペリシッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

 インテルに所属するクロアチア代表MFイバン・ペリシッチは、オフを利用してビーチバレーの大会に参加したことで、クラブから罰金処分を受ける可能性があるという。伊メディア『スカイ・スポーツ』などが伝えている。

 ペリシッチは6月29日から30日にかけて、クロアチアのポレッチで開催されたビーチバレーの公式ワールドツアー「メジャーシリーズ」の大会に出場。ビーチバレーを本職とするプロ選手らと対戦し、3戦3敗の結果に終わった。

 だが出場にあたって、インテルからの許可は得ていなかったという。勝ち進めば新シーズンに向けたチーム始動への参加に支障をきたしていた可能性もあり、インテルはクラブ内のルールに照らし合わせてペリシッチに罰金処分を科す見通しとのことだ。

 以前から移籍に向けた動きが取りざたされているペリシッチは、この一件によりクラブとの関係が悪化し、移籍に向けて加速する可能性もあるかもしれない。ペリシッチに対してはマンチェスター・ユナイテッドが特に強い関心を抱いている模様だが、バイエルン・ミュンヘンなどからの関心も報じられている。

text by 編集部