※たんぽぽ白鳥オフィシャルブログより

写真拡大 (全2枚)

お笑いコンビ・たんぽぽの白鳥久美子(35)が自身のブログで、宝塚娘役風の写真を公開している。

白鳥は、

「ああ、こんな時間に宝塚観ております。
ベルばらです。
ああ、好きゃー
宝塚っていいですよね。」

と、自宅で朝海ひかる(45)主演の「ベルサイユのばら‐オスカル編‐」を鑑賞している様子を投稿。また、
「私が生まれ変わったら男役さんになれると妄想して、名前を考えました。」

として、福島県郡山市出身になぞらえ、「磐梯 光」(ばんだい ひかる)という名前のほか、「空 翔」(そら かける)という2つの芸名を検討。それぞれ「故郷福島の磐梯山から取りました。磐梯山のように堂々と美しく光れますように、との願いを込めて。」「空を翔けるが如く、希望を持ち前向きに進めますように、との願いを込めて。」という由来も説明したが、その後「娘役さんの方が向いてるか。」と思い直したようで、頭にリボンを付けた写真を投稿、

「ごきげんよう。
白雪 姫音(しらゆき ひめね)です。」

と挨拶。そしてただちに「ダメだコリャ!!」とセルフツッコミを入れた。宝塚が好きすぎて妄想が止まらない白鳥の様子に、ファンからは、

「磐梯 光!
もう、ステキすぎて爆笑です」
「地元を入れるところが、白鳥サンの優しさを感じます!!
磐梯に1票」
「夜中に
何やってるんですか(笑)」

といった反響が寄せられた。