【詳細】他の写真はこちら

今年もエアコンが必須な季節が到来。猛暑日などは1日中冷房に頼りたいがやはり電気代が気になるところ。実は節電を意識した使い方が間違っている場合もある。そこでエアコンの正しい使い方と節電のコツを、ダイキン工業 コーポレートコミュニケーション室 広報グループ 垣永大輔さんに聞きました!

エアコンはつけっぱなしの方が電気代が安いのは本当?



環境によって異なりますがお得だという実験結果もあります。

エアコンは運転開始時の負荷が高く、特に暑い夏の昼間に急速に温度を下げる際に電気代が高くなります。つけっぱなしの場合、設定温度に達した後は省電力運転での微調整のみ。ダイキンがマンションで行った実験では日中30分程度の外出なら運転したままの方がお得でした。



冷房を使うときは部屋を閉め切るべき?



範囲を狭めることは大切ですが、屋外より温度が高い時は例外です。

範囲を狭くすれば、その分、短時間で涼しくできるので、ドアや間仕切りは閉めておくべきです。ただ、帰宅直後で室内に暑い空気が溜まり、屋外より温度が高い場合などは、一旦窓を開けて空気を入れ替えることも大切。その方が効率良く涼しくできます。



▲リビングなど広い部屋でも間仕切りで使う場所のみ区切っておけば、電気代を節約できる。

普段の冷房の設定は弱や微風がお得?



効率良く涼しくするなら「自動」がお勧めです。

最新のエアコンの自動モードは、最初に強い風で急速に涼しくして、設定温度に達すると少ない風量で運転します。実はこちらの運転パターンの方が効率良く涼しくでき、電気代も少なめ。学習機能を搭載したモデルなら、使うたびに効率が上がるので、さらにお得です。



冷房と暖房の電気代は同じなの?



屋内外の温度差の関係で暖房の方が高くなりやすいです。

エアコンのみで温度調節する場合は、冬場の暖房代が高くなる傾向にあります。それは暖房の方がやや電気代が高くなる構造なのに加えて、屋外の温度と室内の設定温度の差が大きくなりやすいから。屋外に近い温度から適温まで調節するなら、夏場の方が安く済むわけです。



▲外気温との差を大きく見積もっても、夏場は15度程度なのに対して、冬場は20度以上。その差が電気代に直結する。

掃除機能を搭載したエアコンならメンテナンスは不要?



基本的には不要ですが、シーズン前は試運転をしましょう。

フィルターの自動掃除機能があるモデルなら、掃除は不要。ダイキンのモデルなら10年間は大丈夫で、内部のカビ抑制機能も備えています。ただ、夏の本格使用前に、試運転はしておきましょう。真夏は不具合があった時の修理受付が混みますので、早めの確認がお勧めです。



▲試運転は、冷房で最低温度に設定し10分ほど運転。水漏れや異音、異臭などもチェックする。

夜間の就寝中はエアコンをつけないほうがいい?



就寝中も使う場合はタイマーを活用しましょう。

好みにもよりますが、暑くて寝苦しい場合は、タイマーを使う手もあります。就寝前後にやや高めの設定温度で冷房運転し、就寝時にタイマーでオフにする、もしくは除湿運転を続けて起床前にオフにするといった使い方があります。就寝中に使いたくない人は、就寝前に運転し、壁や寝具を冷やしておく方法もあります。



室外機は放ったらかしでも大丈夫?



周りに物を置かなければ特に問題ありません。

基本的にはメンテナンスは不要です。ただし、室外機の周り、特に前に物を置くと、空気の入れ替えが妨げられるので、空調効率が下がります。木製のカバーなどをつけるケースがありますが、お勧めできません。周囲はできるだけ風通しをよくしておいてください。



▲室外機は防水性も考慮されているのでカバーは不要。荷物やゴミなども置かないよう注意。

扇風機やサーキュレーターを使えば節電できる?



設定温度に達するまで使うことは有効ですね。

室内に風が届きにくい場所があると温度ムラができ、冷やしすぎや電気代の無駄につながります。サーキュレーターなどで空気を循環させると、この温度ムラを解消しやすくなります。また、気流があると体感温度が下がるので、設定温度を上げて節電につなげられます。

【もっとエアコンのことが知りたいなら「フーハ東京」へ!】

東京と大阪にあるショールーム「フーハ」では、空調機器の最新モデルを展示。週末にはイベントなどもあるので足を運んでみては。

文/高橋智 撮影/田口陽介

※『デジモノステーション』2017年8月号より抜粋