加藤茶

写真拡大

3日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)で、加藤茶が、中学生時代に母に言われた感動的な一言を披露した。

番組では加藤が、舞台上の「先生」と仰ぐ女優の浜木綿子とともにゲスト出演。司会の黒柳徹子の進行で個々人のエピソードを紹介していく。その中で、女手一つで子どもを育てあげた加藤の亡き母の話題が上がる。加藤は、しゃきしゃきしたところも、顔立ちも浜木似の美人だったと明かす。そして母が残した言葉を披露した。

加藤ら兄妹を女手一つで育ててきた母親。加藤は中学生のとき、「いい加減に再婚しろよ」と母親に勧めたという。ところが、母は「もう男で苦労したくない。どうせ苦労するならお前たちのために苦労したい」と告げたというのだ。

母から子への強い愛情が込められた言葉に、浜木は感銘を受けたかのように深く頷く。黒柳が「それって嬉しかったでしょ?」と質すと、加藤は「俺も頑張ろう」と襟を正したと語っていた。

【関連記事】
ザ・ドリフターズの収入格差に加藤茶も「ウソだろ!?」と驚愕
志村けん 「苦手な人」への対処法を語る「初めから一緒にやらない」
ザ・ドリフターズが約12年ぶりに集まり近況報告 仲本工事は居酒屋を経営