【インタビュー】Beverly、次世代シンガーのチャレンジ精神

写真拡大

Beverlyは自由自在に音階を操る衝撃のハイトーンボイスを持つ、フィリピン生まれの22歳。2016年に歌手になるという夢を叶えるためフィリピンより来日し、圧倒的歌唱力の高さで注目を集めているシンガーだ。

◆関連画像

来日直後、2016年の<a-nation>では新人にも関わらずシューティングアクトを務めた。また小栗旬主演ドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』の主題歌&挿入歌を担当。5月31日(水)には満を持してデビューアルバム 『AWESOME』をリリースし、今後さらなる活動に期待が寄せられる彼女にインタビューを行った。

  ◆  ◆  ◆

■日本に行くことは“人生のやりたいことリスト”に入っていた
■日本で活動できて嬉しい

――最初に歌を始めたきっかけを教えてください。

Beverly:子どもの頃、家の中ではいつもラジオが流れていて聴いてました。ママは音楽が好きで、エア・サプライ(※オーストラリア出身のバンド。ハイトーンボイスとドラマチックなバラードで有名)の曲を一緒に歌っていました。その後、もっと歌が上手になりたくて、ママが見つけてくれたヴォイスレッスンに入ることになりました。基本的にはシャイで人前で歌えないタイプだったのですが、ママが背中を押してくれました。

――当時はどんな曲が好きでしたか?

Beverly:だいたいディーヴァ系な歌姫曲ですね。アリアナ・グランデやビヨンセ、ホイットニー・ヒューストンなどを聴いて育ちました。

――現在はご自身もプロのシンガー。これまでどんな努力をしてきましたか?

Beverly:フィリピンでは様々なシンガー・コンテストが開催されます。たくさん参加して、いろいろな経験を積んできました。2013年7月のアメリカのコンテスト『World Championships of Performing Arts』にも参加しました。各国から代表が集まる大会でした。そこでヴォーカリスト・パフォーマンス最優秀賞をいただいたことが自信となりました。
――各国のコンテストに参加しながらも、日本のレコード会社(エイベックス)と契約したきっかけは?

Beverly:MISIAさんの生みの親である音楽プロデューサーさんを通じてです。

――日本の印象を教えてください。

Beverly:フィリピンでは日本のアニメが有名です。コスプレ文化も人気ですね。音楽はテンポが早い印象を持っていました。もともと日本に行くことは“人生のやりたいことリスト”に入っていました。なので日本で活動できて嬉しいです。

――もともと日本の音楽を聴いていたのでしょうか。

Beverly:アニメをきっかけに聴くようになりました。アニメ・ソングでは『スラムダンク』主題歌「あなただけ見つめてる」の大黒摩季さんが好きです。あと、フィリピンでも宇多田ヒカルさんの「First Love」が人気でした。みんな知っています。「Prisoner of love」という楽曲が好きです。アルバム『Fantôme』に収録された「花束を君に」も好きですね。心を掴まれました。日本に来てから知ったSuperflyの「愛をこめて花束を」という曲も大好きです。

――日本語、難しくないですか?

Beverly:日本語はとても丁寧な言葉ですよね。敬語とか謙譲語など、言葉の表現にいくつもの種類があるのがすごいと思います。今は日本語学校に通っています。テレビ番組を観て覚えることもあります。日常生活で、新しい言葉を知った時にはスマホで意味を調べたりしています。『世界の果てまでイッテQ!』が好きですね。出川哲朗さんはすごい面白い方だと思いました(笑)。

■東京ドームでのワンマンライブに挑戦してみたい
■最初から最後まで全部自分で作詞をしたアルバムを作りたい

――アルバム『AWESOME』についてもお聴きしたいのですが、完成した今、どんな心境ですか?

Beverly:とてもハッピーです。すべての曲を全力で歌ったので、自信を持って届けられる作品になっています。日本語の曲はもちろん、様々な音楽ジャンルへ挑戦した1枚ですね。自信があります。なぜなら、たくさんチャレンジして、多くのことを学んで進歩を実感しているからです。

――タイトルにはどんな意味が。

Beverly:AWESOMEは、日本の女の子が言う“やばい!”みたいな、とてもハイテンションな言葉です。アルバム全体の世界観というか印象を表しています。12曲ある全ての曲が、メッセージも違うしジャンルも違うんですけど、アルバムを通じて様々な感情、喜怒哀楽を感じられる作品になっていると思います。そのことをみなさんと共有したいです。

――今回のアルバムにも収録されている、小栗旬さん主演 カンテレ・フジテレビ系『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』主題歌にもなった「I need your love」は、YouTubeで360万回以上の再生と話題ですね。

Beverly:すごく嬉しくてびっくりしました。みなさんのレスポンスがとてもありがたいです。

――ドラマの内容ともシンクロしていましたね。ドラマ主題歌に推薦してくれたという主演の小栗旬さんとは会えましたか?

Beverly:はい何度かお会いして、とても優しくてカッコいい方でした。フィリピンでも日本のドラマは放送されていて、『ごくせん』や『花より男子』を観ていたので嬉しかったです。テレビで観ていたからか、勝手に親近感が湧いていました(笑)。

――続いてアルバムに収録されている「Unchain My Heart」もdTV×FOD共同製作ドラマ『パパ活』の主題歌に起用されました。

Beverly:とても嬉しかったです!『パパ活』を見て頂く方に「Unchain My Heart」を早く聴いて頂きたいです。この曲は歌詞に注目して欲しいです。歌詞の内容は恋に一直線で、好きな相手に伝えたいけど伝えられないもどかしい気持ちを歌っています。ドラマの登場人物の気持ちとシンクロして聴いてもらえたら嬉しいです。

――『パパ活』は既にご覧になられたとか。

Beverly:はい、一足先に見させて頂きました!初めて『パパ活』という言葉を知り、ドラマを見て意味がやっとわかってビックリしました(笑)。でもとても面白くて、どんどん見ちゃいました。好きな登場人物は杏里さんです!

――『パパ活』は日本の今の女の子のリアルを描いたドラマだと思いますが、Beverlyさんは自分のことをどんな女の子なのでしょうか。

Beverly:私自身はとってもシンプルな人です。小さい事にもすぐに感動してしまいます!そしてちょっと泣き虫です(笑)。

――今後はどんなドラマの主題歌を歌ってみたいですか?

Beverly :今度もしお話をいただけるのであれば、ドラマのコンセプトが、結婚生活などのハッピーなストーリーの主題歌にも挑戦してみたいです。

――ドラマの主題歌だけでなく、10月5日(木)には渋谷WWWでワンマンライブ<Beverly 1st JOURNEY「AWESOME」」>の開催も決定しました。

Beverly:初のワンマンライブなので、楽しんで、頑張りたいと思います。ライブで挑戦したい事は沢山あるけど、当日までのお楽しみです!

――Beverlyさんの今後の夢、目標は?

Beverly:東京ドームでのワンマンライブに挑戦してみたいです。そして、最初から最後まで全部自分で作詞をしたアルバムを作りたいです。作曲にも興味があります。あと、他アーティストとのコラボレーションもどんどんやっていきたいですね。頑張りますので、よろしくお願いします!

取材・文◎ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)
編集◎BARKS