大沢たかお

写真拡大

3日放送の「スッキリ!!」(日本テレビ系)で、俳優の大沢たかおが、海外ロケでの過酷な体験を明かした。

この日の「エンタメまるごとクイズッス」のコーナーでは、50週年を迎える「JET STREAM」(TOKYO FM)の記念イベントに参加した大沢がVTR出演。イベントは「海外での旅」をコンセプトに据えており、それにちなんで海外での変わった体験を語った。

大沢は「食べ物とかあります」とし、海外での体験を語った。ある砂漠で撮影をしている最中には、車に轢かれたトカゲを現地の人間が持ち去ったというが、しばらくすると彼らが去った先で煙が上がり始めたという。大沢が近寄ると彼らはトカゲを焼いて食べており、大沢に「どうだ?」と内臓の一部を勧めてくれたので食べる羽目になったとか。

また、南米に訪れたときには、生きたままのセミを食べたこともあるという。現地人から「お前も食べろ」と、まだ鳴いているセミを手渡され、大沢は「カメラ回っていない」から困ったものの、最終的には生きたセミを食べたと告白した。

大沢の勇気ある行動にスタジオから驚きの声が上がる。天の声を務める南海キャンディーズの山里亮太は、大沢は先方から好意を持って勧められたものを断るためにはいけないと思って全て食したと補足していた。

【関連記事】
加藤浩次 都議会選挙で大敗した自民党幹部の見方に苦言「こんな考え方でいいの」
トレエン・斎藤司がアルバイトを辞めるときに上司がかけた粋なセリフ
吉田沙保里がかつてのライバルとの壮絶な戦いを振り返る「骨折対盲腸」