バルセロナ入団当初の心境を語ったFWネイマール【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナ所属のブラジル代表FWネイマールが、2013年夏にブラジルのサントスから同クラブへ移籍した当時のの心境を告白した。スペイン紙『アス』が報じた。

 ブラジルのテレビ番組『Caldeirao do Huck』のインタビューに応じたネイマールは、バルセロナ入団当初の心境を振り返った。

 「最初はチームメイトと話すことすら恥ずかしかった。彼らは僕のアイドルで、僕はバルセロナについたばかりでとても若かったからね」

 さらにはそのアイドルであったチームメイトと一緒にいる状況に戸惑いを隠せなかったことも明かした。

 「ロッカールームに入った時、一方にはメッシがいて、もう一方にはシャビがいて、イニエスタがいて、ピケがいて…。まるでテレビゲームの中にいるようだったよ。コントローラーで彼らを使ったすぐ後には彼らが僕のそばにいたんだ」

 現在ではすっかりバルセロナの中心選手として活躍するネイマールだが、そんなネイマールですら入団当初はチームメイトの凄さに圧倒されたようだ。

text by 編集部