3日、米国を訪れた韓国の文在寅大統領が国名を書き間違えた問題に関し、環球網は韓国メディアが「戦略的ミス」と報じていることを伝えた。資料写真。

写真拡大

2017年7月3日、米国を訪れた韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領がホワイトハウスの芳名録に「大韓米国」と記載した問題に関し、環球網は韓国メディアが「戦略的ミス」と報じていることを伝えた。

文大統領の国名記載ミスは先月29日(現地時間)のホワイトハウスでの夕食会の時に起きた。「大韓民国 大統領 文在寅」と書くべきところを「大韓米国 大統領 文在寅」と記載したことが伝えられると偽ニュースを疑う声も上がったが、大統領府関係者は「大統領のミス」と説明した。

環球網によると、韓国メディアはこのハプニングに対し、「戦略的な記載ミスであり、米韓同盟の重要性を巧妙に強調した」としているという。(翻訳・編集/野谷)