新川優愛(C)モデルプレス

写真拡大

【新川優愛/モデルプレス=7月3日】モデルで女優の新川優愛が、3日に都内で行われた新ドラマ『脳にスマホが埋められた!』(7月6日スタート/読売テレビ・日本テレビ系、毎週よる11:59〜)の完成披露試写会に、共演者の伊藤淳史、安藤なつ、鈴木おさむ(企画)とともに出席した。

新川優愛、元恋人との破局理由を初告白 意外な原因に共演者も驚き

脳内がスマホ化してしまった、アパレル会社で勤務する主人公・圭太(伊藤)が、人助けをしながら成長する姿を描く本作。スマホの知識が豊富で、圭太の手助けをするヒロインの石野柳子を演じる新川は、伊藤の印象を聞かれると「小さいときからと言いますか、この世界に入る前からテレビで見ていた大先輩だったので、すごく緊張して現場に入ったんですけれども、朝から晩まで連日長い撮影が続くときに、どうやったらみんなが楽しく現場に入れるのかなっていうのを、たくさん考えてくださる方だなっていう印象がありますね」とニッコリ。

一方の安藤については「すごく優しい方で、いつも面白いことを言って楽しませてくれる方ですね」と絶賛。これを受けた安藤は、「お二方とも、場を和ませてくださるんですよ。ずっとおちゃらけてくれたりとか、緊張をほぐしてくれたりとかしてくださったんですけど、だんだんエスカレートしてきて、最近はもうちょっとクハラというか。本番前とかに、お腹と乳の間をずっとグイグイやってきたりとか」と暴露。これを聞いた伊藤はすかさず「僕はやっていないですよ!(笑)2人がみたいな空気を出すのはやめてもらっていいですか!?」と必死に否定して笑いを誘った。

◆新川優愛がもし“スマホ人間”になったら?


物語に絡めて、「実際にスマホ人間になったら?」と聞かれた新川は、「例えば両親とかが『今から帰るね(ハート)』みたいなやり取りをしていたら、見たことないからわかんないんですけど、どう接していいかわかんなくなっちゃうなと思って(笑)。なのでなるべく、1話でもありますけど、電源をオフにしちゃうかなと思います」と苦笑していた。(modelpress編集部)

【Not Sponsored 記事】