『身体を売ったらサヨウナラ』原作者の鈴木涼美

写真拡大 (全2枚)

新聞記者でありながら元AV女優だった過去を暴露された鈴木涼美の実体験を綴った同名自伝小説を実写映画化した『身体を売ったらサヨウナラ』。この映画の初日舞台挨拶が7月1日に新宿にあるK’s cinemaで行われ、主演の柴田千紘をはじめ、冨手麻妙、五十嵐麻朝、原作者の鈴木涼美、内田英治監督が登壇した。

[動画]映画『身体を売ったらサヨウナラ』予告編

本作は、ちょっとスリリングで、ともすればシリアスになりがちな主人公リョウコの波乱万丈な日々を、現在活躍中のAV女優、AV監督、スカウトマンたちのインタビュー映像を交えながら描いた異色のドラマ。

柴田は「朝から並んでいただき、12時には完売してしまったということで、本当にありがとうございます」と初日に集まった満員の客席に向け感謝の思いを述べた。鈴木は「以前勤めていたキャバクラのお客さんから、今日の券が取れなかったって連絡が入っていて、本当に混んでいてよかったです」とコメントし客席に笑いを起こすと「エッセイを書いている当初は実写化なんて想像もしていなかった」と自著の実写化の喜びも語った。

また、映画タイトルにちなみ「○○を見逃したらサヨウナラ」というトークテーマを振られると、柴田は「オープニングを見逃したらサヨウナラ」と述べ「最初を見逃すとストーリーがわかりにくくなるので」と最初から最後までしっかり見届けて欲しいという思いを語った。

冨手は「アドリブを見逃したらサヨウナラ」と見どころを取り上げ、「内田監督はアドリブが多いんです。だから、ここはアドリブかな?って気にしながら見てもらえると嬉しいです」と内田監督作ならではの楽しみ方についてコメント

内田監督は「先生(鈴木涼美)を見逃したらサヨウナラ」と話すと、登壇者一同「あー!」と納得の声。監督は「普通はアドリブ劇をやらせると、うまく喋れなくなるんですが、先生は役者並にうまかった」と原作者でありながら、冒頭に出演している鈴木をベタ褒め。

鈴木は「服を着てカメラの前で撮ったのは初めてなので、ありがたい体験でした」と述べ、会場を沸かせていた。