就活スタイル編集部

写真拡大

就職活動をしていると、その会社の社員さんと直接話す機会にも出くわすでしょう。そんなとき、何を聞いておけば、あとあと選考を受けるときに役立つのでしょうか? 就活を経験した社会人のみなさんに聞いてみました。

■就活において、社員座談会など社員さんと話す機会があったときに聞いておくべき質問はなんだと思いますか?

【座右の銘診断】就活面接で迷ったら!あなたにぴったりの名言はどれ?

●福利厚生について

・本当は入社しないとわからないところを聞いてみたい(女性/25歳/医療・福祉)
・住宅費補助などけっこうバカにならないので(男性/28歳/情報・IT)
・社内では当たり前かもしれないけど、魅力的なことはあるかも(女性/25歳/生保・損保)
・実際に現場で働いている人の声が一番参考になると思うから(女性/25歳/アパレル・繊維)

●会社の雰囲気

・実際の職場の雰囲気を聞けば、社内の環境がわかるので(女性/26歳/医薬品・化粧品)
・働く上で非常に重要だから(男性/24歳/団体・公益法人・官公庁)
・人間関係も大事だから(女性/28歳/その他)
・生の声でしかわからないから(男性/25歳/小売店)

●仕事のやりがいや内容

・自分が働くときに参考になる(女性/29歳/団体・公益法人・官公庁)
・自分がやりたい職種と合っているかどうか。いざ入ってみたら違うというようなことがないように(女性/32歳/その他)
・仕事の大変さ。仕事の内容を把握しておきたいから(男性/24歳/金融・証券)
・入社前と入社後のギャップについて(男性/34歳/運輸・倉庫)

●残業や休日などについて

・年に一度イベントのために日曜出勤があるなど、資料からは見て取れないことがあったから(女性/33歳/その他)
・残業時間や有休消化率など、ホームページには書いていないことを聞いておくべき(男性/24歳/食品・飲料)
・残業の状況。そういう場所であれば、気軽に聞けるから(男性/26歳/団体・公益法人・官公庁)
・休みの取り方など。公表している情報と差がないかどうか(女性/25歳/その他)

●その他

・この会社で働いていく上で必要なもの。仕事以外に必要なスキルや処世術(男性/33歳/金属・鉄鋼・化学)
・給与の実際額面。なかなか聞けないと思うから(男性/32歳/団体・公益法人・官公庁)
・研修制度。研修の内容をはっきり言えない会社は社員の能力向上に興味がないだろうから(男性/27歳/商社・卸)
・昇格制度について。なかなか聞ける機会がないから(女性/26歳/情報・IT)

先輩たちによると、実際に入社してみないとわからない、福利厚生や休みに関することは特に聞いておいたほうがよいことがわかりました。

いかがでしたか? 会社の情報はある程度まではホームページなどに書いてありますが、実際に働いている人に聞いてみないと、実情はわからないこともあるでしょう。社員さんと直接接する機会は貴重です。気になることはしっかりと聞いておきたいものですね。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査期間:2017年6月
調査人数:就活を経験した5年目までの社会人男女208人