Photo by cinemacafe.net

写真拡大

いつも自分のことを第一に想ってくれて、守ってくれるオトナな年上イケメン=そんな“兄系イケメンズ”たちが次々と登場する、甘く切なくちょっぴりキケンな、これまでにない究極の愛されすぎラブストーリー『兄に愛されすぎて困ってます』。6月30日より公開中の本作から、この度メイキング画像がシネマカフェに到着した。
告白12連敗中で全くモテない女子高生・橘せとか(土屋太鳳)は、恋に恋するちょっと恋愛体質な女の子。そんなせとかをずっと見守ってきたのは、ヤンキー系でクールだけど実は誰より妹想いなイケメン兄・橘はるか(片寄涼太)。2人は血がつながっていない兄妹だけど、その事実を知っているのは兄のはるかだけ。そんな中、せとかの同級生で癒し系ヘタレ男子な国光(杉野遥亮)の兄であり初恋の相手、超毒舌なセレブ研修医・芹川高嶺(千葉雄大)が数年ぶりに現れて、せとかに急接近! さらに、いつも甘い言葉でせとかをお姫様扱いしてくれる年上の先輩・美丘千秋(草川拓弥)まで現れ、突如訪れた人生初のモテキにせとかは戸惑いを隠せず…!?

本作で主演を務めるのは、連続テレビ小説「まれ」や『orange -オレンジ-』『青空エール』『PとJK』など様々な作品に出演し、『トリガール!』『となりの怪物くん』の公開も控える若手人気女優の土屋太鳳。今回彼女が演じているのは、突如訪れたモテ期に戸惑いながらも、本当に好きな人を見つけ出そうとするピュアな女子高生・橘せとかだ。

連続テレビ小説「まれ」で演じたパティシエを目指すヒロインなど、これまで意思の強い女性を演じることの多かった土屋さんだが、本作では兄系イケメンズの間でふわふわと揺れ動く女子を演じており、いままでのイメージを覆す新たな一面を見せている。劇中では、妹から一人の女性として、血のつながらない兄・橘はるかに対する心の移り変わりを繊細な演技で見事に表現。特に、本当の兄妹ではないと知ったせとかがはるかに詰め寄る場面では、「妹としてはその事実を受け止められない。でも、一人の女性としては、やっと知ることができた! という気持ちが入り混じって、とても難しいシーンでした」と苦労を明かしている。

また、「GENERATIONS from EXILE TRIBE」片寄涼太、「超特急」草川拓弥、杉野遥亮ら同世代のキャストが集まる本作の撮影現場。ここで土屋さんのムードメーカーぶりが発揮され、本作が映画初出演となる片寄さんが兄キャラを上手く演じられるようにと、撮影以外でも土屋さんが妹キャラとして振る舞い、片寄さんの役作りに協力。そんな日常から固めた兄妹の関係性が、本作に反映されているのだ。

土屋さんの熱演なくしては語れない本作。果たして、せとかは自分の本当に好きな人を見つけられるのか? ぜひ劇場で確かめてみて。

『兄に愛されすぎて困ってます』は全国にて公開中。

(cinemacafe.net)

■関連作品:
兄に愛されすぎて困ってます 2017年6月30日より全国にて公開
(C) 2017「兄こま」製作委員会 (C) 夜神里奈/小学館

■関連記事:
千葉雄大、“ドSスイッチ”を使いこなす!オン&オフ徹底解析『兄こま』
“お兄”片寄涼太、モテの秘訣は料理にアリ!? 『兄こま』場面写真公開
片寄涼太&千葉雄大ら“兄系イケメン”が続々登場!『兄こま』特報公開
【インタビュー】杉野遥亮 しなやかに成長…歩き始めた俳優の道
『東京喰種』窪田正孝&清水富美加、“赫子”発動ビジュアル公開!