デート中なんとなく言った一言で彼がムッとしたり、あきらかにテンションが下がってしまった経験…ありませんか? 文句を言った覚えもないし楽しかったデートのはずなのに、と不思議に思ったあなた。もしかしたらデート中無意識に、彼を傷つける発言をしてしまっているかも!? 今回は「デート中に言われると萎える! 彼女の発言」をまとめてご紹介します♡

彼女の発言にムッとした経験はある? どんな時?




出典:Shutterstock.com

これはもちろん「YES」が大半ですよね。どんな時かというと、これが意外にも普通の何気ない瞬間であることが多いようなんです。喧嘩中は多少の口の悪さや暴言も許せても、デート中にポロッと言った一言は「彼女の本音なんだな」と思ってしまうのかもしれませんね。せっかくの楽しいデートだからこそ、彼女の一言にムッとして気分が萎えてしまうのが男性の本心!?

萎える彼女の発言とは?




出典:Shutterstock.com

■「暑い」「寒い」など言っても変わらないことをいちいち言う

女性の方が男性より「暑い」「寒い」に敏感ですよね。少し外を歩けば「なんか暑い無理」室内に入れば「冷房ききすぎで寒くない? 」こんな発言は「楽しくないの? 」「言ってもしょうがないこと言ってどうするの? 」と男性から不評なんです。
女性同士だと共感し合えるところですが、彼に共感を求めるのはNG!

■「疲れた」「足痛い」などの文句

こちらも上のと似ていますが、実況報告しても共感はしてもらえないし「また文句言ってる」「デート中不満ばかり」と男性は感じてしまうそう。中でも「足痛い」は男性からかなり不評。「テンションが下がるから、歩く日は無理せず歩ける靴で来てほしい」が本音! 今やスニーカーもおしゃれだと男性から支持されていますし、ヒールを好んで履いているのはどうやら女性の方なのかもしれませんね…!

■「やっぱりさっきのお店行きたかった」など後からネチネチ言う

男性は後からネチネチ言われることが大の苦手。
激萎えポイントなんだとか。「行きたかったならその時に言えよ! 」と思うみたいです。これ女性はやりがちなんですよね。女性同士だと「じゃあ後から戻ろうよ〜」なんてなることもありますが、男性には通じません。デートの時は後から言うのはやめた方がよさそうです。

■「だから今日は別のことしようって言ったのに」など自分の意見が正しかった発言

「私はこうしようって言ったのに」この発言もかなり男性が萎える一言です。悪気なく言ったとしても、彼は否定された気持ちになってしまいます。言ったとしても良い雰囲気にはならないから言わない方が◎冗談っぽく笑い話として、2人で笑えるような話ならいいのかもしれません♡

■「嬉しいけど本当はあっちがよかったな」と好意を無駄にする

せっかくサプライズでプレゼントを買ってきてくれたり、デートのお店を予約してくれたりしても、こんな彼女の一言があるとガッカリしてしまうそう。女性の好みは細かいため「○○は好きだけどその中の△△はあまり好きじゃない」みたいなことって多いんですよね。でも男性からしたら違いがわからないようで、こんな経験をした男性は多いんです。女性は悪気なく言ってしまう一言ですが男性は傷ついています!


出典:Shutterstock.com

いかがでしたか? つい言ってしまったことのある言葉はありませんでしたか? せっかくのデート、彼がムッとして萎えてしまう発言には、ぜひ気をつけましょう♡