前列左からウド鈴木、天野ひろゆき、多部未華子、戸田恵子、中尾隆聖

写真拡大 (全2枚)

映画シリーズ第29作目となる『それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!』が7月1日に公開となり、新宿バルト9で行われた初日舞台挨拶に、長年アンパンマンの声をつとめてきた戸田恵子をはじめ、ばいきんまん声優の中尾隆聖、アニメ作品の声優はこれが初となる多部未華子、「アンパンマンで声優をやりたい」と公言し熱望してきた天野ひろゆき、ウド鈴木(ともにキャイ〜ン)らが浴衣を着て登壇。夏祭りのような楽しいイベントになった。

子ども向け映画シリーズの長寿の秘密(2)/長寿の秘訣は大人のファンを取り込むこと

昨夏公開の『それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ』は、歴代1位だった一昨年の記録を塗り替え、東京テアトル配給となった1999年以降、観客動員・興行収入ともにシリーズ歴代1位の大ヒットを記録。今年はさらなる大ヒットが期待される本作。

戸田は「おはようございます。今年でアンパンマンは29作目になります。今年も心温まる作品になってますので、ぜひ楽しんでいってください」と挨拶。夏祭りの思い出について聞かれると、「私に夏はあったのだろうか(笑)。夏祭りとは無縁で、小さい時は、おばあちゃんの家に行き川で泳いだり、プールに行ったことを思い出しますね。夏祭りに好きな人と手を繋いで行ったり、とかはなかったですね」とコメント。

中尾はばいきんまんの声で「はひふへほー!」と切り出すと、「今日はこんなにたくさんの人に迎えられて嬉しいです! よろしくお願いします」と挨拶。戸田同様、夏祭りの思い出を尋ねられると「お祭り・みこしが大好きで毎年みこしを担ぎます。やり過ぎて声をからして、よく怒られましたね(笑)」と答えていた。

また多部は、夏祭りの思い出について「水あめが大好きで、特にあんずあめが大好きですね。店の人にじゃんけんで勝てばもう一本もらえます、みたいなのは大体勝ってましたね!(ウドが急にじゃんけん!と言い出し、多部とじゃんけんをするも、多部の勝利)。ほぼ毎年お祭りには行っていたんですけど、去年は祭りに行けなかったので、今年は行きたいですね」と回答。

天野は「僕は愛知県生まれで、花火が有名なんですけども、同級生の家からキレイに花火が見えていて、祭りが近くなるとその子と仲良くなって特等席で見せてもらってましたね」と答え、ウドは「おばあちゃんに怒られながらも、スイカを食べ過ぎて必ずおねしょしました。僕は、山形県生まれですが、花笠音頭が有名なんですよね(と踊りを披露)。夏はほかにキャンプに行ってカレー作るのも良かったですね。でも自分が不器用なので、最後にひっくり返しちゃったりするので、頼むから遠くにいてくれ!と言われてました」と話していた。