『コード・ブルー』サードシーズンにあの3人が!初回30分拡大放送も決定

写真拡大 (全3枚)

 17日にスタートするドラマ『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』(フジテレビ系列)。ファースト、セカンド両シーズンを通じて人気キャラクターとして支持を得たあの3人も、サードシーズンに登場することが決まった。

 まずは、ドクターヘリのパイロットとして、フェローたちの傷ついた心をいつもさりげなく癒してきたパイロットの梶寿志(寺島進)。そして、優秀な脳外科医で、いつも救命チームを強力にサポートする西条章(杉本哲太)。さらに、自らの経験もあり、患者の気持ちに寄り添いすぎてしまう緋山をはじめとしたフェローたちの心を気にかけ、見守り続けてきた三井環奈(りょう)。サードシーズンでは、三者それぞれの人生を歩んでいる設定。梶はベテランパイロットとして今もフェローたちを見守り、西条は脳外科部長となり、藍沢耕作(山下智久)やライバルの新海広紀(安藤政信)の成長を後押しする。三井は特に母としての顔がクローズアップされることになる。夫の橘啓輔(椎名桔平)と息子と向き合う姿が描かれる。

 また、このほど初回放送が30分拡大となることも決まった。7年ぶりに復活した『コードブルー』では、どのような人間ドラマやストーリーが描かれるのかに今から期待が高まるばかりだ。『コード・ブルー〜ドクターヘリ緊急救命〜THE THIRD SEASON』はフジテレビ系列にて17日21時より放送開始。