寝苦しいニッポンの真夏の夜。でもエアコンをかけたまま寝ると、寒さから途中で目が覚めたり、夏風邪の原因になったりしてしまいます。といって、エアコンを止めると暑すぎて眠れない……。たいへん悩ましい。真夏の夜のエアコンの上手な使い方を友野なおさんに教えてもらいました。

 就寝1〜2時間前から寝室の壁をギンギンに冷やす

夏の快眠を得るためには、エアコンは積極的に活用するのがおすすめです。熱中症の予防にもつながるため、賢く正しく使いましょう。

まず、寝る前1〜2時間前から、寝室のエアコンを25〜26度、強風に設定します。こうすることで寝室内の空気だけでなく、壁を冷やすことができるのです。

夜になって外気温が低下しているにもかかわらず寝室内は相変わらず悶々と暑い、そんなふうに感じたことはありませんか?これは、輻射熱の影響によるもので、日中に太陽の熱で温められた壁の中に熱がこもり続けた結果、外気温が下がったあとも室内に熱を発し続けて部屋を暑くしてしまうという現象です。

いざ就寝するタイミングになってからエアコンを入れたのでは、部屋の空気しか冷やすことができません。すると、タイマーが切れた途端、壁にこもっていた熱が出てきて部屋の温度が急上昇し、寝苦しくなったり、夜中の覚醒につながったりしてしまいます。そこから再びクーラーのタイマーをオンにしても、切れると目が覚めてしまうという繰り返し。これでは質の高い睡眠なんて得られるわけがないですよね。

そして寝るときは、エアコンの温度設定を27度に上げて、風力はいちばん弱くし、タイマーを3時間後に切れるようにセットしてください。部屋の壁を冷やしておいたことで、エアコンが切れた3時間後以降に、室温が急上昇することを防ぐことができます。

就寝時には身体の体温が低下するため、エアコンの風は直接身体に当たらないようにだけ、十分に気を付けてくださいね。

サーキュレーターを使ってみよう

寝室の温度環境を適切に維持するためには、室内の空気を循環させることが必要です。熱い空気は上に、冷たい空気は下にたまりやすいので、扇風機やサーキュレーターをエアコンと併せて活用しましょう。

どちらの場合も気をつけていただきたいのは、風の吹き口を壁や天井、エアコンに向けるなどして、風が直接、体に当たらないようにすることです。扇風機の場合もあくまで空気の循環が使用目的なので、風量が強すぎない設定にしたほうが良いでしょう。

寝ている間に体温が下がりすぎると、風邪や体調不良の原因になります。体温を下げないという点ではパジャマにも注意。暑いからといって、ノースリーブやキャミソールなど露出の高いものはNG!首には太い頸動脈が通っていますから、首も冷やし過ぎないように意識してくださいね。冷やす場合は首ではなく、頭部がおすすめです。

夏の夜はエアコンと扇風機やサーキュレーターを併用し、室内の空気を循環させましょう。



■賢人のまとめ
夏はエアコンを上手に使いましょう。寝る前に寝室の壁をギンギンに冷やしておくことが、快適な夏の寝室環境を維持するポイントです。寝るときは27度、風力は弱、タイマーは3時間後に切れるようにセットすることも忘れずに。サーキュレーターや扇風機も活用して空気の淀みを解消しましょう。

■プロフィール

睡眠の賢人 友野なお

睡眠を改善したことにより体質改善に成功した経験から、睡眠を専門的に研究。
科学でわかるねむりの環境・空間ラボ主宰。著書に『やすみかたの教科書』(主婦の友社)など。