ジェイ・Zが、約4年ぶりとなるニュー・アルバム『4:44』を6月30日にリリースした。

同アルバムは、ジェイ・Z自身がオーナーのストリーミングサービス<Tidal>と、米携帯会社<Sprint>(親会社はソフトバンク)のユーザーが独占的に聴くことができるという。

今作のプロデュースは、ジェイ・Zの過去作を含む数々のヒット作を手がけてきたプロデューサー・No I.Dが担当。トラックリストを見ると、妻のビヨンセやフランク・オーシャンのほか、ダミアン・マーリーやザ・ドリームなど渋めのゲスト参加が確認できる。