メッシ 式を終えてハネムーン

写真拡大 (全2枚)

2人の故郷ロザリオで家族や友人に囲まれながらの豪華ウェディングのあと、レオ・メッシとアントネラ・ロクソは予定を変更し、現地2日にバルセロナに帰国しないことにしている。故郷ロザリオでの滞在を3日まで延ばし、そのあとにハネムーンに向かうことになる。

【関連記事:メッシ 式終え夫から選手へ】

メッシは妻アントネラ、息子チアゴとマテオとともにカリブ海にあるアンティグア島とバーブーダ島を訪れ、監督のエルネスト・バルベルデ率いるFCバルセロナのトレーニングに参加するまでの休暇の最後を楽しむことになる。

なお、7月12日からバルサのプレシーズンは始まるが、代表で試合を行っていた選手たちは7月14日から2日遅れでチームに合流することになっている。

メッシとアントネラの願いは感動的なこの数日間から解放されてゆっくりすることである。そして、バルセロナに戻った段階でメッシはバルサとの契約更新を締結する予定であり、その後にユベントス、マンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリードというトップレベルのチームを相手に試合を行うプレシーズンを迎える。