AMDがIntelの半額以下で同等以上の性能を誇るCPU「Ryzen 7」を2017年3月2日に発売し、Intelの独壇場になっていたCPUのメインストリーム市場に切り込むことに成功しました。大きな動きが見られたCPU市場において、実際にIntelとAMDのCPUシェアはどれくらい変化したのかがわかるグラフを、PassMark CPU Benchmarksが発表しています。

PassMark CPU Benchmarks - AMD vs Intel Market Share

https://www.cpubenchmark.net/market_share.html

以下のグラフは2004年〜2017年までの期間中に、IntelとAMDのCPUがベンチマークソフトで測定された回数を四半期ごとにカウントしてグラフ化したもの。従ってそれぞれの数値は「CPUの販売数」ではないものの、「ベンチマークに使用されたCPUの数」をカウントしていることから、CPUシェアを推測する一つの目安にはなりそうです。なお、カウントされているのはWindows PCに設置されたx86系CPUのみで、ゲームコンソールは含まれていません。



グラフでは「Intel Core 2」シリーズが発売された2006年第2四半期(4月〜6月)から、インテルは10年以上にわたって右肩上がりでシェアを伸ばしてきたことがわかります。Intel Core 2の発売以降、AMDのCPUシェアは低下の一途をたどっていたのですが、2017年第1四半期(1月〜3月)に「Ryzen 7」が発売された影響で、AMDが一気にシェアを伸ばしている中、対照的にIntelのシェアは右肩下がりになりつつあることを示しています。