当然あの日本代表も!ガラタサライが狙う7名の選手

写真拡大 (全9枚)

今夏凄いことになっているガラタサライ。エルドアン首相による政変も大変になっているが、こちらも負けてはいない。

マーケットではすでにFWバフェタンビ・ゴミスを250万ユーロ(およそ3.2億円)、DFマイコンを700万ユーロ(およそ8.9億円)、MFユネス・ベランダを800万ユーロ(およそ10.2億円)で獲得。

ルーカス・ポドルスキをヴィッセル神戸へ、ブルマをRBライプツィヒに売却しており、さらにウェスリー・スナイデルの去就もあやふやであるが、すでにその穴埋めは完了していると言えるほど。

しかも、更に多くの選手が引き入れられると考えられており、地元メディアでも「強烈な動きを見せている」と評価されている。

トルコリーグは2015年から新たな外国人枠ルールを設置。登録できる28名のうち最低14名をトルコ人にすること、自国人選手を最低7名起用orベンチ入りさせれば問題ないのだ。

今、そのルールに後押しされているガラタサライが獲得に動く7名の選手とは?

マリオ・レミナ(ユヴェントス)

フランス生まれのガボン代表選手は、若くしてロリアンとマルセイユでブレイクを果たしたものの、ユヴェントスに移籍してからはあまり存在感がない。

チームの層の厚さを考えると今季もあまり出場機会が増えるとは思えない状況で、多くのクラブが関心を寄せているという。

報じられているのはワトフォードが中心であるが、エヴァートンやアーセナルも注目しているとも。

オグヘネカロ・エテボ(フェイレンセ)

昨年行われたリオ五輪において、日本代表を相手に4得点を決めてみせたナイジェリア代表ストライカー。

ポルトガルの中堅…いやむしろ小クラブであるフェイレンセではどう考えても守備の役割が多くなるが、その中でインサイドハーフまでこなしつつ、素晴らしいパフォーマンスを見せた。

フェイレンセは彼の放出に2000万ユーロ(およそ25.4億円)を求めていると言われており、その評価の高さは想像に難くない。そういう状況だからして、「新しいポグバ」とまで言われている。リオ五輪のころから考えると信じられないが…。

競合していると言われているのはレスター・シティやフェネルバフチェ、リヨンなど。

ジャンネッリ・インビュラ(ストーク・シティ)

FCポルトからストーク・シティは彼をクラブ記録となる移籍金で獲得。ギャンガンでフランス2部最優秀選手となり、マルセイユでも大活躍をした左足の魔術師は、プレミアで不完全燃焼に終わった。

クラブは「損切り」のために今夏放出を考えていると言われており、いくつかのオファーが舞い込んでいるとも。

ガラタサライの他にはニースやトリノが接近していると伝えられているが、本人はあまり移籍に前向きではないという話もある。

ウィリアン・ヴァンクール(ローマ)

今季マルセイユで層の薄いボランチを支えた選手。しかしながら、保有権を持つローマに今季は復帰することになり、立場が微妙になっている。

セリエAでは今季も戦力として考えられていないと言われ、他のクラブが接近していると伝えられる。

ガラタサライと合意したという報道もあったが、彼がデビューした古巣ナントが熱烈に誘いを入れているという話もある。

本田圭佑(フリー)

昨季限りでミランを離れることになった本田圭佑も、ガラタサライとの噂が伝えられる選手の1人だ。

フリーエージェントという強みも持っており、トルコならば外国人枠もそれほど問題にはならない。

イタリア方面の報道によれば、クラブ側は2年契約、年俸200万ユーロ(およそ2.5億円)を提示したと言われている。

ただ、その他の選手と比べると報道は控えめであり、それほど進んでいる話ではないとも考えられる。

エフゲン・コノプリャンカ(セビージャ)

ここ数日で大きく報じられたのがコノプリャンカである。ヨーロッパリーグでの活躍が目に止まり、ドニプロからセビージャへ移籍した彼であるが、今季はシャルケにレンタルされていた。

スペインではあまり戦力としては考えられておらず、今季も貸出先を探っている状況だと考えられている。ミランやトッテナム、ストークの話もあったが、先月の段階で話題に上がらなくなっていた。

ガラタサライは彼を借りるために250万ユーロ(およそ3.2億円)の支出を要求されていると言われている。

クワドウォー・アサモア(ユヴェントス)

左利きのユーティリティプレーヤーは、今季多くのクラブから関心を寄せられている。その一つがガラタサライであり、熱心にオファーを送っている状況だと伝えられた。

しかしユヴェントスは彼の放出を現在拒んでおり、代理人も「ガラタサライのオファーは拒否された」と公に発表している。

ただ、例えばアレックス・サンドロがユヴェントスに残った場合はどうなるか?という点で言えば、まだ未知数である。

競合は同じトルコのトラブゾンスポル。マンチェスター・シティという話もあったが、まず実現することはないだろう。