SHINee テミン、日本で初ソロコンサート開催…2万8千人の観客を魅了

写真拡大 (全4枚)

SHINeeのテミンが日本で初のソロコンサートを終えた。

SHINee テミンの日本初ソロコンサート「TAEMIN THE 1st STAGE 日本武道館」は、7月1、2日に武道館で開催され、2日の公演共に全席完売を記録し、2万8千人余りの観客を動員し、テミンの高い人気と存在感を改めて確認させた。

今回の公演でテミンは「さよならひとり」「TIGER」など日本デビューアルバムの収録曲はもちろん「Danger」「Press Your Numer」「Drip Drop」など、韓国ソロ発売曲の日本語バージョンまで圧倒的なパフォーマンスと多彩な魅力、華やかな演出が際立った幻想的なステージで観客を魅了した。

また、「Flame of Love」をはじめ、「I'm Crying」「DOOR」「いつかここで」など、18日発売予定の日本2ndミニアルバムの新曲のステージも初公開して注目を集めた。

公演の2日目にはLINE LIVEで全世界に生配信を行い、最高同時視聴者数約32万人を記録するなど、熱い反響を得て、テミンのグローバルな人気を証明した。

テミンは「僕は最近、日本ですごく長い時間を過ごしています。このステージやソロアルバムの準備をしていました。すごく忙しかったんですけど、その分、こうして皆さんの前に立つことができてうれしいです。これからソロアルバムの発売や、SHINeeのドーム公演もあります。これからどんなステージが待っているのか、僕もすごく楽しみなので、皆さんも期待しながら応援してください」を感想を伝えた。

テミンは18日、日本2ndミニアルバム「Flame of Love」を発売する。