ZE:A シワン&少女時代 ユナ主演ドラマ「王は愛する」(原題)早くもCS衛星劇場での日本初放送が決定!

写真拡大 (全2枚)

「ミセン−未生−」のイム・シワン、「ラブレイン」のユナ(少女時代)、「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」のホン・ジョンヒョンら人気スター共演で、韓国での放送前からすでに話題沸騰中の時代劇「王は愛する」(原題)。

韓国MBCで7月17日(月) から放送される予定だが、日本ではCS衛星劇場で放送されることが早くも決定した。主演のイム・シワンは7月11日の入隊が決まっており、今作が入隊前最後の作品となる。

「王は愛する」の原作は、「トキメキ☆成均館スキャンダル」「太陽を抱く月」など多くのヒット作を生んでいる、パランメディアが出版する同名ベストセラー小説。豊かな国を夢みる王子ウォン、彼の唯一の腹心の部下のリン、そして彼らと運命的に出会い、二人の男性の関係を揺さぶるヒロインのサンを主人公に、少女漫画さながらの切ないラブストーリーが展開される予定だ。そして、近年韓国ドラマのヒット要素として注目されている「ブロマンス」(男の熱い友情) はもちろんのこと、一人の女性を愛し、時には葛藤しながらも深い友情を交わす二人の美しい姿は女性視聴者を虜にするはずだ。

演出を「ママ〜最後の贈りもの〜」「華麗なる誘惑」のキム・サンヒョプ監督が手掛け、「太王四神記」「シンイ−信義−」などのヒット作を数多く手掛けてきた人気作家ソン・ジナが脚本を担当する。

「王は愛する」は完全事前製作のため、すでにすべての撮影を終えている。7月3日にソウル市内で製作発表会が行われ、7月17日からMBCの月火ドラマとしてスタートする予定だ。衛星劇場では、8月に第1話を先行放送、9月から本放送開始を予定している。

■放送情報
「王は愛する」(原題)
CS放送局・衛星劇場にて、8月第1話先行放送、9月より本放送スタート
2017年/韓国MBC/全20話予定

演出:キム・サンヒョプ「ママ〜最後の贈りもの〜」「華麗なる誘惑」
脚本:ソン・ジナ「太王四神記」「シンイ−信義−」
出演:イム・シワン、ユナ(少女時代)、ホン・ジョンヒョン、オ・ミンソク ほか
(C)U-story9

■関連サイト
衛星劇場新着ページ:http://www.eigeki.com/topics?action=detail&topic_id=1803