「低アレルゲンチキンプレート」

写真拡大

日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)では、低アレルゲンメニュー「低アレルゲンチキンプレート」(税込600円)を、首都圏の5店舗限定で2017年7月1日から発売する。店内での飲食のみに対応。

特定原材料7品目不使用

「低アレルゲンチキンプレート」は、法令で規定する特定原材料、卵・乳・小麦・そば・落花生・エビ・カニの7品目を原材料として使用しないメニュー。「バーベキューチキン」2ピースと「コーンサラダ」1個「バナナケーキ」1個をワンプレートで提供する。

「バーベキューチキン」は、国内産の鶏の手羽元を使用したバーベキューソース味のローストチキン。「バナナケーキ」は、バナナピューレを使いふんわりとした食感に仕上げたスティックケーキ。「コーンサラダ」ともども、特定原材料の7品目は不使用。

また、低アレルゲンチキンプレート」に「100%オレンジジュース(またはドリンクSサイズ)」1個がついた「低アレルゲンチキンプレート ドリンク付」(同700円)も用意。

販売する店舗は、イオン南砂店、イオン狭山店、ひばりが丘店、イオンモール川口前川店、イオンモール幕張新都心店。