加藤諒、窪田正孝主演ドラマ『僕たちがやりました』で“ウンコ”役に 葉山奨之との撮影秘話も

写真拡大

 7月18日より関西テレビ・フジテレビ系にて放送される新火9ドラマ『僕たちがやりました』に、加藤諒が出演することが発表された。

参考:SPでも変わらない? 宮藤官九郎が『ゆとりですがなにか』で描く“ゆとり世代”の普遍的ドラマ

 同ドラマは、金城宗幸(原作)と荒木光(漫画)による同名コミックを実写化した“青春逃亡サスペンス”。人生“そこそこ”で生きていければいいと思っていた高校生のトビオたちが、ある日突然、“爆破事件の容疑者”となったことから、初めて生きることに必死になり、右往左往しながらも成長していく様を描く。トビオ役で窪田正孝が主演を務めるほか、永野芽郁、新田真剣佑、間宮祥太朗、葉山奨之、水川あさみ、三浦翔平らがキャストに名を連ねる。

 このたび出演が発表された加藤が演じるのは、究極のいじめられっ子の“ウンコ”こと水前寺。もともと原作の大ファンだったという加藤は出演にあたり、「加藤諒、『僕たちがやりました』に、ウンコこと水前寺役で出演させていただくことになりましたッ!!! 出演が決まる前から原作の虜で、このドラマへ出演させていただけてすごく幸せです!」と喜びのコメント。

 ウンコは、葉山演じるマルと究極のバトルを繰り広げることになる役どころ。そんな葉山について加藤は「撮影前に葉山奨之さんとお食事に行って“安全に本気でやりましょう”と約束し、当日は安全に本気で出来たと思います(笑)」と撮影の裏話を披露し、「執念深い水前寺君を、楽しく演じたいと思います。あはは(ハート)」と役への意気込みを語った。(リアルサウンド編集部)