いくつかの例外を除き、iPhone 8はブラックモデルに関する情報ばかり。現在出回っている原寸大模型も色はブラックだけのようです。

そこで、これまでにもクオリティの高い予想CGを公開してきたMartin Hajek氏が、iPhone 8のホワイトモデルを予想したCGを新たに公開しました。

iPhone 8のホワイトモデルはこうなる?

現在主流になっている、ホームボタン・Touch IDセンサーが見当たらず、FaceTimeカメラや受話口が画面に出っ張る、iPhone 8のデザインを元にホワイトモデルがどんな姿になるのかが予想されています。


画像:Martin Hajek

Martin Hajek氏が制作したCGでは、前後のガラスパネルはホワイトで、金属製フレームの色はシルバーになっており、統一されていません。


画像:Martin Hajek

現在出回っている、ブラックのiPhone 8の原寸大模型は前後のガラスパネル・金属製フレームともに、『iPhone 7』のジェットブラックのように色・質感が統一されています。

FaceTimeカメラや受話口が出っ張っている部分はガラスパネルが白色のためか、浮いているように見えます。以前にあった推測通り、ガラスパネルと同色の帯を画面上部に表示させることで統一感を出せば、出っ張りを意識せずに済むかもしれません。

Martin Hajek氏のウェブサイトでは、他にもCGが公開されています。ぜひご覧ください。

iPhone 8 ‘leak’..in white - Martin Hajek

参考

iPhone 8 ‘leak’..in white - Martin Hajek