2日、中国メディアのウォールストリート見聞が、米国の出生率が過去最低となったと伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年7月2日、中国メディアのウォールストリート見聞が、米国の出生率が過去最低となったと伝える記事を掲載した。

記事によると、昨年の米国の出生率は過去最低となり、15〜44歳の女性1000人が産んだ子供の数は、わずか62人だったという。米国では、多くの女性が高齢出産になっており、出産しないことを選択する人も増えている。

出産率が最も高い年齢は30〜34歳となったが、以前は25〜29歳だった。こうした傾向に経済学者は、「出生率が減少し続けるなら、米国の経済成長は停滞してしまうかもしれない」と危機感を示しているという。

これに対し、中国のネットユーザーからは「出生率と教育レベルは反比例する」「教育や経済レベルの向上は、出産意欲を失わせる」「なぜ子供を産みたくないのか?それは生きることに疲れすぎているからだ」などの理由が挙げられた。

また、「中国では2人目を産む人がものすごく多いぞ。35歳以上が特に多い」「物は稀少なるがゆえに価値を持つというからな。一人っ子政策を見てみなよ。二人っ子政策にした途端、山東省だけで日本や米国より多くの子供が産まれたぞ」など、中国の例を出すユーザーも多かった。

実際、一人っ子政策の撤廃後、地方の小さな都市では2人目を産む人が増えているが、これはこれまでの政策ゆえのリバウンド的現象だ。都市部では出産率が下がる傾向にあり、中国の出生率もこの先どうなっていくかは不透明だ。(翻訳・編集/山中)