ソフトバンク コマース&サービス、ドローン操縦アプリ「DRONE STAR」対応機体を発売

写真拡大 (全4枚)

ソフトバンク コマース&サービスは、2017年6月30日より、ORSOが開発するドローン操縦アプリ「DRONE STAR」の対応機体「DRONE STAR 01」を発売する。

「DRONE STAR 01」は、ドローン操縦の基礎を楽しみながら覚え、上達できるようになることを目指した操縦訓練機能を搭載したスマートフォンアプリ「DRONE STAR」に対応する小型機体。

機体は18gと小型、ワンタッチで自動的に離着陸ができ、内蔵された気圧センサーで高度維持をサポートし、初めて触れる人でも安心できる設計となっている。

アプリ「DRONE STAR」を併せて使用することにより、初心者でもゲーム感覚で簡単にドローンの操縦方法を学習することができる。初心者向けの基礎モードや、仲間と楽しみながらスコアを競うミニゲームなど様々なコンテンツがあり、搭載されているカメラに映し出された映像を観て操縦することができるFPV(First Person View)モードにも対応している。

■製品詳細

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

カルチャーに関連した記事を読む
・LINE、デジタルとリアルが融合した新たな七夕の楽しみ方を提案する「みんなの七夕プロジェクト2017」を開始
・LINE LIVE」、新たにPCからの配信に対応。LINE GAMEを始め、ゲーム配信の取り組みを強化
・LINEバイト、オファーでつくる海の家「OFFER HOUSE by LINEバイト」を三浦海岸にオープン
・元ジャイアンツ宮本も惚れ込むリアルに野球を楽しめる「レジェンドベースボール」
・PlayStation4の累計販売台数が6000万台を突破