「フリクリ」続編、劇場新作アニメーションとして公開!
 - (c) 2018 Production I.G / 東宝

写真拡大

 アニメ「フリクリ」の続編が、新作劇場アニメーション『フリクリ2』『フリクリ3』として2018年に全国公開されることが明らかになった。同時に『フリクリ2』のティザービジュアルや劇中ビジュアルも公開された。

 「フリクリ」は、『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』シリーズの鶴巻和哉が初監督を務め、2000年にリリースされたOVA作品。ガイナックスと Production I.G が制作し、国内DVD販売数は累計約25万本の大ヒットを記録。2003年には米国カートゥーン ネットワーク社の Adult Swim 内で吹替え放送され、海外でも根強く支持されている。

 続編では、シリーズの生みの親である鶴巻がスーパーバイザーを務め、「踊る大捜査線」「PSYCHO-PASS サイコパス」などの本広克行が総監督を、貞本義行がキャラクター原案を担当する。

 カートゥーンネットワークとの共同製作となり、米国では2017年末または 2018年初頭から Adult Swim 内で放送される予定とされていたが、この度、劇場のスクリーンでも上映されることが現地時間1日からアメリカで開催されている Anime Expo イベント会場で明らかに。同時に、期待をあおるティザーPVも公開された。放送されるバージョンを上映するのか、再編集版になるのかも気になるところだ。

 主題歌をはじめ音楽は前作に引き続き the pillows が担当。リーダーの山中さわおは「とりあえず大きな声で『イェーイ!!』って。他のバンドがやっていたら、ジェラシーで新シーズンは観ませんよ。今回は『フリクリ』のことを考えて曲を作りました。この話がなければ、僕らの中からは絶対に生まれることのなかった曲なんですよ。特に歌詞とかは。なのでとっても気に入っています。これから僕らの代表曲となるものが生み出されたことに幸せに感じています。期待以上のものを作れたと思っていますので、楽しみにしてください」と喜びを語っている。(編集部・入倉功一)