画像:YouTube

iPhone 8の原寸大模型やパーツの写真・動画が立て続けに公開されています。その中から、『iPhone 7』や『iPhone 7 Plus』と比較しているものを集めました。

iPhone 8とiPhone 7の内部パーツを比較

iPhoneを組み立てる工場で撮影されたという、画面を固定するためのブラケットと呼ばれるパーツの写真を@VenyaGeskin1が公開しました。

iPhone 7用のブラケットと比べると、フレームが全体的に細くなっていて、ホームボタンが収まる箇所が見当たりません。

もし、これがiPhone 8用のパーツであれば、物理的なホームボタンは廃止され、これまでの噂通りに画面内蔵型になる可能性があります。

iPhone 8にホワイトモデルが登場?

iPhone 7用ブラケットの色は本体色に応じて異なっているようです。ジェットブラックやブラックであればブラケットの色は黒、シルバーやゴールドなどでは色は白です。

したがって今回のブラケットが塗装前でなければ、iPhone 8にもホワイトモデルが登場するかもしれません。

ごく稀にブラック以外のiPhone 8の写真が出回ることはありますが、いずれも現在主流になっているデザインとは異なるので、その信ぴょう性には疑問が残ります。

噂通りのデザインであれば、ブラックモデルの方が都合が良い部分もあります。

iPhone 8とiPhone 7/7 Plusを比較

『EverythingApplePro』は、iPhone 8の原寸大模型とiPhone 7/7 Plusを比較する動画を公開しました。

動画では以下の点が判明しています。

iPhone 8のデザインは既報の通りホームボタン・Touch IDは見当たらず(背面にもない)もし背面にTouch IDセンサーを搭載するならAppleロゴ辺りは指が届きやすい電源ボタンはiPhone 7よりも縦長FaceTimeカメラや受話口は画面に出っ張る本体の厚さは7.24ミリ(iPhone 7は7.1ミリ・iPhone 7 Plusは7.3ミリ)iSightカメラを含めた厚さはiPhone 8が8.72ミリ、iPhone 7 Plusが8.8ミリホワイト向けの画面保護ガラスも出回っている

参考

iPhone - モデルを比較する - Apple(日本)iPhone 7 LCD Screen and Digitizer - Choice Part Only / White - iFixit@VenyaGeskin1 - TwitteriPhone 8 - Hands On With Prototype & Case! - YouTube