こういうの欲しかった!MacのACアダプタを横向きに挿せるプラグ

写真拡大 (全5枚)

ユーザビリティに優れたMac製品ですがACアダプタだけはちょっと使いづらいと感じている人も多いのでは。コンセント口に対してまっすぐ挿すとかなり出っぱってしまうので、コンセント口がソファの後ろにある場合などは狭くて挿しづらいんです。この問題を解決すべく登場したのがACアダプタを横向きに挿せる変換プラグ。ほんのちょっとしたことですが、一気に使いやすくなりますよ。

 

フォーカルポイントから登場したのは「Ten One Design Blockhead(テン ワン デザイン ブロックヘッド)」(2679円)。MacBookなどApple製ノートPCの純正アダプタの挿し込み部分と交換すると、ACアダプタを横向きに挿せるようになり、さらにケーブルが下から出るようになるんです。

コンセント前に余裕がないスペースでも充電が可能になるので、コンセント口が家具の後ろにある場合や、出張先のホテルなどでも役立ちます。

さらに、電源ケーブルやUSB Cケーブルに無駄な負担がかからなくなるので、ケーブルの傷みも防ぎます。

また、実は純正ACアダプタはコンセントとの接続が不安定でコンセントに負荷をかけた状態なんだとか。このBlockheadはコンセントに対してピッタリフィットするので、無駄な負担もなく、安定して充電できます。

米国NEMA規格の「NEMA1-15」に準拠しているなど安全面でもお墨付き。小さなアイテムですが、ひっそりと、でもしっかり活躍してくれそうです。

>> 「Ten One Design Blockhead」

 

(文/&GP編集部)