経済産業省の20代から30代の若手官僚が中心となってまとめた報告書「不安な個人、立ちすくむ国家 〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜」。5月18日にネット上にアップされると、話題は次々に拡散し、ついには1カ月で100万ダウンロードを突破、現在131万ダウンロードを数える(6月24日時点)。

 従来「霞が関文学」とさえ揶揄される官僚のレポートが、なぜここまでネットで共有され、広がり、賛否両論を巻き起こしたのか。

 このプロジェクトに参加した30人のうち、5人のメンバーが集まり、作成の経緯から、提示した「日本の未来像」、そして「これからの官僚の姿」までを語り合った。

 座談会に参加したメンバーは、上田圭一郎さん(H18入省/33歳 大臣官房秘書課 課長補佐)、菊池沙織さん(H25入省/28歳 大臣官房総務課 総括係長)、今村啓太さん(H26入省/27歳 商務情報政策局 メディア・コンテンツ課 総括係長)、須賀千鶴さん(H15入省/36歳 商務流通保安グループ 参事官室 政策企画委員)、高木聡さん(H23入省/32歳 大臣官房総務課 法令審査専門官)*肩書は6月30日時点。


左から、上田さん、菊池さん、今村さん、須賀さん、高木さん

官僚にとって「次官室」に入るということ

――公表から2カ月が経とうとしていますが、未だ反応は多いんですか?

須賀 だいぶ落ち着いてきましたが、これほどまで読まれるとは想定外でした。公表した次の朝にバズっているのを見て本当に驚きました。

――官僚の文書がバズるなんていうことは前代未聞だと思うのですが、そもそもこのレポートを作成する「次官・若手プロジェクト」はどんな経緯で発足したのでしょうか?

上田 菅原郁郎事務次官の発案だと聞いています。若手が中長期の課題について自由闊達に議論をする場がないので、作らなければいけないという問題意識があった、と。2016年の8月に職員への公募がかかり、中長期の課題について考えたい若手が手を挙げて、9月に30人のチームが編成されました。


菅原郁郎経産事務次官 ©時事通信社

――菅原次官は「大物次官」としてメディアにも取り上げられることが多い方ですが、実際にはどんなお人柄なのでしょうか。

今村 親分肌……?

高木 僕は今の部署で初めてご一緒したのですが、若手を育てることに心を砕く人だな、という印象を持ちました。もっと政策目標に向けて猪突猛進するタイプの方かと思っていました。

須賀 経営者ですね。次官はおそらく経産省という組織の経営を本気で考えていて、このプロジェクトもマネジメントをする上で必要な人的投資だと考えているのだと思います。


須賀千鶴さん (H15入省/36歳 商務流通保安グループ 参事官室 政策企画委員)

――次官とは直接話し合う機会が設けられたのですか?

上田 次官になってからは毎週金曜、若手5、6人を呼んで、次官室でエンドレスで議論していたそうです。人事が企画した「幹部を囲む会」のような会合はこれまでもありましたが、幹部自ら声をかけて、しかも次官と直接、というのはかなり珍しいと思います。しかも次官室で。

今村 さすがに最初は緊張しましたが、こちらの意見を丁寧に聞き取ってくださり、なごやかな場でした。

――次官室って普段から気軽に入れる場所なんですか?

須賀 若手がふらっと入れる場所ではないですね。守衛さんもいるし、絨毯もフカフカで、格式高い雰囲気なんです。

菊池 国旗もありますしね。

高木 だから普通は生煮えのアイデアを持っていく場所ではなくて、明日プレスリリースです、くらいの熟度じゃないと持っていけない。

須賀 次官室に何かを持っていくということは、幹部も含めた多くの確認や調整を経た上でなので、たまに次官の意向で修正が入ると「担当部署がもっとしっかりしろよ」となる。でも今回のプロジェクトでは、ひどかったよね(笑)。「資料1枚しかできてないですけど」みたいなレベルで次官に持っていく。

高木 あとは、「とりあえず次官室に持ってって議論しようか」とか。

上田 間に合わないから資料の途中から手書きになったりして。

今村 普段はブレストをする部屋ではないんですけど、今回は次官室での時間の半分はブレストだったように思います。

須賀  次官から直接「時代が大きく変化しているときに、これから10年、20年かけて時代に対応して社会を変えていくということをやりとげるべきだ、という思いを若手に引き継ぎたかった」という話を聞いて、ちょっと感動というか、本気度を受けとめた気持ちになりました。

「閉塞感みたいなものを、若手は感じていたのかもしれませんね」

――縦割り組織の頂点のような官庁で、こうしたトップと直にやりあうプロジェクトは極めて異例だったと思いますが、各所から横断的に人が集まるというのも珍しいのでは?

菊池 そうですね、同じ経産省の若手とはいえ、メンバーの多くは初めて話す方でした。

今村 たしかに新鮮でした。

上田 省内で部局の枠を越えて、もっとお互いに会話していかないと視野狭窄になってしまうと危機感を持っていましたから、結構理想的なことでした。

須賀 閉塞感みたいなものを、若手は感じていたのかもしれませんね。


上田圭一郎さん(H18入省/33歳 大臣官房秘書課 課長補佐)

――そもそも、みなさんが応募に手を挙げたのはどんな理由からなんですか?

上田 僕はもともとヘルスケア、大学教育、あるいは農業といったあまり“経済産業省っぽくない”分野に関連する仕事をすることが多かったんです。だから、製造業やサービス業など経産省と付き合いの深い分野だけじゃなくもっと幅広く見れば、いろいろやれることはあるんじゃないか、と。それで分野をまたいで勉強したいなという意識がありました。

 あと、司(つかさ)の中で働いていると、どうしても「来年どうしようか」とばかり考えるようになってしまうんです。施策はロングスパンで考えないと世の中の実状からどんどん乖離していく。そういう意味で、さっき言ったように「閉塞感」から脱したかったというのはあると思います。

今村 プロジェクトメンバーの募集がかかったときに、私は入省して2年半くらいだったんですけど、すでに部署を3つほど経験していました。その中で、国としてどんな課題を抱えているかをロングスパンで考えることがないというのは、一行政官として、一国民としてどうなのか、と思っていました。そんな思いがあって手を挙げたんです。

「やりたかったこととやっていることのギャップが大きくなっていって……」

須賀 政策というのは、日々小さな意思決定の積み重ねで、この意思決定が知らず知らずのうちに常識的な範囲内、「このくらいならみんなが合意できるだろう」とか「批判を受けずに収まるだろう」というラインに収まってしまう。それがいま言われている「忖度」なのかもしれなくて、その能力がものすごく高いのが官僚集団だと思っています。

 だけど、これからの日本は「これくらいで合意形成できるだろう」みたいな矮小で無難なものを選んではいられないと思っています。あらゆる面で世界で最も成熟した国になったからには、前例のコピペではない政策を一から考えるスタイルを身につけなければならない。私たちの世代の官僚は特に。

高木 僕はみんなと少し違って、わりと中長期的な議論が主体の部署にいます。新政策担当という部署は、8月の予算取りまとめの時に、省全体の政策をまとめる作業を補佐する立場なんです。そこでは、たとえば東日本大震災から5年以上経って、エネルギー政策はまだ道半ばですが、その一方で地域経済や社会保障など我が国の構造的な課題にも目を配って政策を立案する必要があるのでは、という議論を2、3年前から行っています。

 ただみんなと同じで、官僚としての自分の仕事を問い直したい、というのは僕もありましたね。僕は入省7年目なんですが、入省当時にやりたかったこととやっていることのギャップが大きくなっていって……。これは省庁に限らず大きな組織に属している人は誰でも思うことだと思うんですが、自分の目の前の仕事が国のレベルにどうつながっているのか、深掘りして言葉にしてみたかったんです。


高木聡さん(H23入省/32歳 大臣官房総務課 法令審査専門官)

今村 最近、経産省を志している学生と話してたら、「経産省に入ったらこういうことできるんですね!」とキラキラした目で言われることが増えました。

高木 それ、大丈夫かな(笑)。あくまで異例のプロジェクトだからねえ。

須賀 でもプロジェクトに参加したみんなが「入省前は、霞ヶ関って日々こういうことをしていると勝手に想像してた」なんて笑ってたよね。

上田 そういったどんな組織にもありがちな「閉塞感」からくる不満から脱け出したいって気持ちはみんなに共通していたと思います。

菊池 そうですね。私が入省する前から、経済成長不要論や経産省不要論がしきりに叫ばれていたんです。とはいえ、資源も軍事力もない日本はこれまで経済力があったから繁栄してきたし、国際社会で生き残っていくためにも経済力が必要で、私自身も経済と正面から向き合いたいという思いがあって入省したんです。一方で、「経済力があれば、幸福だ」という時代から変わっている気はしていました。幸福という価値の軸はGDPなどの経済指標からズレてきているんじゃないかとも。そういった課題を同じ経産省の同年代メンバーと議論できて、幸運なプロジェクトでした。

もはや「国家ありき」ではない、という結論にたどり着くまで

――このプロジェクトは「富の創造と分配」「セーフティネット」「国際秩序」の3つの分科会に分けて、それぞれ議論を集約したんですよね。この3つのテーマはどうやって設定したんですか?

上田 おそらくシンプルな理由で、経済面で富を大きくすることは考えなければならないし、それと一緒に、富の再分配は国の役割として考える必要がある。それらが国内視点だけで完結する状況ではないから国際秩序のなかに位置づける必要がある。加えて、30人いるから10人ずつくらいに分けたほうが良いだろう、それくらいのことだったと思います。明確な課題設定もなかったから、「このチームって何をすればいいんだっけ?」というところから議論していましたね。

今村 私がいた「富の創造と分配」チームは、とにかくテーマに関係あれば、自分の関心あるものなんでも持ち寄る、みたいな感じでした。

上田 「関心あるものなんでも」って、オーダーとしてムチャクチャすぎますよね(笑)。

今村 しかも、取りあえず何十枚ものスライド作って、その資料で有識者に意見を聞いてみようっていう進め方でした。

菊池 ゼミみたいな感じでしたよね。


菊池沙織さん(H25入省/28歳 大臣官房総務課 総括係長)

――富と創造と分配チームではほかにどんな議論が?

須賀 ペーパーには残していないのですが「国家とは何か」ということから議論しました。ホンジュラスが特区を作って主権を企業に渡してしまった事例とか、経済学者のミルトン・フリードマンの孫のパトリ・フリードマンがベンチャー投資家のピーター・ティールの出資を受けて公海上に独立国家を作ろうとしている話とか、限界事例を拾ってきて、国家に期待されているものが何なのかを議論したりしていましたね。個人と企業と国家の関係、ですね。知らないことだらけで楽しかったです。

高木 国家としてどう稼ぐかというところから、国として最小限必要な機能を考えていったんですよね。グローバル企業だと、資産価値が日本よりも大きいところもあるから、国が稼ぐという意味も変わらざるをえないだろうと。

須賀 最終的な結論は、もはや「国家ありき」ではないんだろうなというところに行き着きました。誰かから必要とされなければ、国家が富を創造するという概念そのものが消えていくだろうと。

「母子世帯」に社会の縮図が現れていると考えるようになった

――富の創造とセットになるのは「富の再分配」であるセーフティネットだと思いますが、どんな議論をしたんですか?

菊池 この中では、私と上田さんが「セーフティネット」チームだったのですが、若者と高齢者、どっちに重点を置いて勉強すべきかというところで、次官ともかなり議論をしました。

上田 次官は、はじめのほうは高齢者の引退後の生活に強い関心を持たれていたと思います。でも半年くらい議論していたら「たしかに若者も大変だな」と風向きが変わってきて。


 

――高齢者の社会保障を縮小し、母子世帯に再分配すべきだと提言していることについては、かなり反響があったのでは?

上田 そうですね。ここはかなりドキドキしながら盛り込んだ部分です。ただもちろんですが、高齢者を切り捨てろと言っているわけじゃないんです。生き方の選択肢が増えれば、もっと世の中が幸福になるんじゃないかと。終末期の議論は、人生の最後の局面で、自分で選びたい生き方を本当に選べているのかという問題提起なんです。ここで母子家庭の貧困を取り上げることについても、かなり議論がありました。若者の大変さについて考えているのに、なぜ母子家庭だけを取り上げるんだ、という意見もありましたし。ただここに、正規と非正規の格差、新卒採用されたかどうか、離婚したかどうかなどで起こる格差が集約して縮図として現れているんじゃないか、と考えるようになったんです。

須賀 あらゆる属性の貧困率を分析したら、母子家庭と独居老人が突出してたんだよね。

上田 そうですね。そこからなんでこうなっているのかを深掘りしていった結果がこの提言になったんです。

須賀 富の創造チームも、「国家が稼ぐ」という概念が空集合のようなものだと気が付いてから、「意欲と能力のある個人」にフォーカスしていったし、セーフティネットは当然の帰結として分配する対象としての個人に寄っていった。国際チームですら移民の問題や、ISのような国際的な不安定要素にも、国家のレイヤー以前に個人のレイヤーで何かがぐらつき始めているという問題意識にたどり着きました。示し合わせたわけではないんだけれども、半年たってみたら違うところから掘り始めた3チームが似た方向を向いていた、そんな風に感じていました。

高木 そうですね。大きな国家から、個人の話へと。

今村 ふだんの仕事では企業とお付き合いすることが多くて、大企業から中小企業までどうやって稼いでもらうかという視線だけになっているところがあるんですけど、個々人を考えるというのはこれまであまりなかった視点でしたね。


今村啓太さん(H26入省/27歳 商務情報政策局 メディア・コンテンツ課 総括係長)

高木 前半で提示した「秩序ある自由」に至る図解のあたりは、3チームの最大公約数なのかなと思います。組織や規律が保証した一定のルールがなくなってきて、個人をいかにエンパワーするか、そこが政策の主眼であるべきなんじゃないか、という方向です。

上田 ある一定の枠組みからこぼれ落ちた人を元に戻すことを主眼に置くのではなく、いかに今この瞬間の個人を社会的に支えるかというように考えたほうがいいんじゃないか、というのが提言のベースになっています。

なぜ答えも、具体策もないペーパーになったのか?

――ただそれが「不安な個人、立ちすくむ国家」というネガティブな、撤退戦のような言葉遣いになったのはどういう理由なのでしょう?

須賀 タイトルは最後の1週間で決まったんですが、これでもすごく前向きなんですよ(笑)。副題の「モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか」とセットになると、バランスの取れた前向きさになると思うんですが。

高木 副題が外れるとここで思考が止まっちゃいますからね、「立ちすくんでるんだ」って。そういう意味では、これからまだやるべきことが相当にあるよね、という動的なメッセージを提示したつもりです。


 

――しかし省内の上層部からは、問題提起しているだけ、というダメ出しはなかったんですか?

菊池 それは省内だけではなく、ペーパーを読んでくださった多くの方からのご意見にもあったところです。

上田 幹部からは「具体策が示されていないが大丈夫なのか?」という指摘はありましたね。

須賀 「問題はこうです」と「解はこうです」が対になっているのが役所の資料では常識です。だから、「これが問題だと思いますが、どうでしょう」という答えのない資料を出すこと自体を不安視する向きはあったかと思います。


問いかけのメッセージが多い、異例のペーパーで話題を呼んだ

――そういったストレートな問題提起をペーパーにそのまま反映されたのには、どんな経緯があったのですか?

須賀 官僚は必ず「問題だ」と言うと、「どうするんですか」「責任取れ」と言われてしまうので、ストレートな表現を本能的に避けてしまいがちなのですが、「人に分かってもらうようにしよう」と次官からたびたびアドバイスをいただきました。口頭で補足した表現をひろって「いまお前が言ったことをそのまま書け」って。何度も言われたよね。

高木  そうですね、そのプロセスは何度もありました。

上田 メンバーたちには、世間の人も巻き込みながら一緒に問題意識を共有して、仲間を増やしていきたい意識もあったので、解を出すことにだけ傾注はしたくなかったんです。

須賀 賛否両論ありましたが、むしろそれで省内のみならず、社会にも、特にネットの反応を見ていると私たちと同世代と問題意識を共有できたのかなと、手応えを感じました。

◆#2に続きます

写真=佐藤亘/文藝春秋

(柳瀬 徹)