FIFA、コンフェデ決勝で「タブレット」を初テストしていた

写真拡大 (全3枚)

ロシアで行われていたFIFAコンフェデレーションズカップがフィナーレを迎えた。

そんななか、決勝戦でFIFAがあることをテストしていたという。『BBC』が伝えている。

それは、選手のパフォーマンスをモニターするタブレットを両チームが使用するというもの。FIFA主催の大会では初となる試みだったそう。

各チームに提供されるタブレットは3つ。2人のチームアナリストにそれぞれ1つずつ、もうひとつはメディカルスタッフ用。

利用可能な選手のデータには、パス、プレス、スピード、タックルなどが含まれていた。また、アナリストやメディカルスタッフは、デバイス上で30秒遅れの試合映像をチェックすることも可能だったようだ。

ドイツ代表とチリ代表はこのテストのフィードバックをFIFA側に提供することが推奨されているとのこと。