柴崎岳【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

 スペイン1部の複数クラブが獲得を狙っている模様のMF柴崎岳は、レバンテ移籍に向かっている可能性があるようだ。スペイン『デスマルケ』が伝えた。

 2016/17シーズン後半戦をスペイン2部のテネリフェで過ごした柴崎は、周囲に十分なインパクトを残した。そのため、フリートランスファーになる同選手には1部複数クラブが興味を持っているものとみられている。

 そんな中、柴崎に関心を示すクラブの一つであるレバンテが実際に動き出していることが分かった。『デスマルケ』は代理人であるマネル・フェレール氏とロベルト佃氏がレバンテの本拠地にいるところを写真付きで報じている。

 交渉はまだ初期の段階であるとみられるが、レバンテの中盤補強の選択肢に柴崎の名前があることは確かな模様。ほかにもアラベス、マラガ、ベティスといったクラブからの関心があるようだが、柴崎はどのような決断を下すのだろうか。

text by 編集部