2010年代に入って急減速した韓国経済は、再び勢いを取り戻すのか。新政権の政策や復活へのリスク要因を徹底検証する

写真拡大

2010年代に入って急減速した韓国経済に、足もとで薄日が差し始めた。かつて「最強」と呼ばれた韓国は再び勢いを取り戻すのか。韓国と日本は経済的なつながりが深く、難しい政治問題も抱えているため、かの国の動向は気になるところだ。新政権の政策や復活へのリスク要因について、韓国経済に詳しい向山英彦・日本総合研究所上席主任研究員に聞いた。(聞き手/ダイヤモンド・オンライン副編集長 小尾拓也)

薄日が差し始めた韓国経済
くすぶる「5つのリスク」とは?

――2010年代に入って急減速した韓国経済ですが、足もとでは景気の底打ち観測が出始めました。韓国は今、どんな状況なのでしょうか。

 2016年から2017年初にかけては、韓国にとって波乱の時期でした。経済的には韓進(ハンジン)海運の破綻、サムスン「Galaxy Note 7」の出荷停止などが、政治的には朴槿恵(パク・クネ)大統領弾劾に至った大スキャンダルが生じるなど、悪材料が重なりました。そのため、年初まで強い先行き不透明感がありましたが、今年に入り明るさが広がり始めています。それは成長の加速です。

 2016年の韓国の実質GDP成長率は前年比2.8%と、2000年代平均の4.4%を下回る低成長になりました。しかし、今年1−3月期のGDPは前期比1.1%(年率換算で4.6%台)と、昨年10−12月の同0.5%を大幅に上回りました。輸出の回復が進展するとともに、建設投資の増勢が再び強まったためです。ただ、市場の予想を上回る結果になったとはいえ、先行きはまだ楽観視できません。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)